2018年11月17日

「朝ドラでブレイクした俳優ランキング」

『朝ドラでブレイクした俳優ランキング』



1位 野村萬斎
2位 ディーン・フジオカ
3位 綾野剛
4位 福士蒼汰
4位 西島秀俊
6位 山田孝之
7位 堺雅人
7位 佐々木蔵之介
9位 松坂桃李
10位 窪田正孝
10位 山崎賢人

※発表:「女子SPA!」
※2018年6月20日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 08:00|PermalinkComments(0)芸能 

「高橋優 アルバムCD売上枚数」

『高橋優 アルバムCD売上枚数』



【2002年】
「Sepia」:-枚

【2003年】
発売なし

【2004年】
発売なし

【2005年】
発売なし

【2006年】
発売なし

【2007年】
「無言の暴力」:-枚

【2008年】
「胡坐~agura~」:-枚

【2009年】
「僕らの平成ロックンロール」:2000枚

【2010年】
発売なし

【2011年】
「リアルタイム・シンガーソングライター」:2万7000枚

【2012年】
「この声」:1万9000枚
「僕らの平成ロックンロール②」:1万1000枚

【2013年】
「BREAK MY SILENCE」:1万8000枚

【2014年】
「今、そこにある明滅と群生」:1万5000枚

【2015年】
「高橋優 BEST 2009-2015 『笑う約束』」:2万5942枚

【2016年】
「来し方行く末」:2万4000枚

【2017年】
発売なし

【2018年】
「STARTING OVER」:3万2570枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのアルバムも状況によって集計しています。


「高橋優」アルバムCD総売上枚数
17万4512枚

年間アルバムCD総売上枚数
2002年:-枚
2003年:-枚
2004年:-枚
2005年:-枚
2006年:-枚
2007年:-枚
2008年:-枚
2009年:2000枚
2010年:-枚
2011年:2万7000枚
2012年:3万0000枚
2013年:1万8000枚
2014年:1万5000枚
2015年:2万5942枚
2016年:2万4000枚
2017年:-枚
2018年:3万2570枚

※上記は、対象年に発売されたCDの売上合計です。
※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのアルバムも状況によって集計しています。


アルバム売上枚数ランキング
1位 「STARTING OVER」:3万2570枚
2位 「リアルタイム・シンガーソングライター」:2万7000枚
3位 「高橋優 BEST 2009-2015 『笑う約束』」:2万5942枚
4位 「来し方行く末」:2万4000枚
5位 「この声」:1万9000枚
6位 「BREAK MY SILENCE」:1万8000枚
7位 「今、そこにある明滅と群生」:1万5000枚
8位 「僕らの平成ロックンロール②」:1万1000枚
9位 「僕らの平成ロックンロール」:2000枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記のアルバム売上枚数ランキングは、高橋優名義のアルバムCDのみを集計しています。
※2018年11月17日付



今日もがんばります。
では、また次回



「宝塚歌劇団 とびっきりかわいい娘役ランキング」

『宝塚歌劇団 とびっきりかわいい娘役ランキング』



1位 花束ゆめ(雪組)
2位 瑠璃花夏(星組)
3位 水乃ゆり(星組)
4位 陽雪アリス(宙組)
5位 糸月雪羽(花組)
6位 舞空瞳(花組)
7位 華妃まいあ(宙組)
8位 華雪りら(宙組)
9位 早乙女わかば(月組)
10位 野々花ひまり(雪組)
11位 星蘭ひとみ(星組)
12位 彩みちる(雪組)
13位 海乃美月(月組)
14位 星南のぞみ(雪組)
15位 夢白あや(宙組)
16位 天彩峰里(星組)
17位 城妃美伶(花組)
18位 結愛かれん(月組)
19位 有沙瞳(星組)
20位 華優希(花組)

※発表:トレタメ
※2017年11月4日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 07:00|PermalinkComments(0)宝塚歌劇団 

「富士葵 シングルCD売上枚数」

『富士葵 シングルCD売上枚数』



【2018年】
「はじまりの音」:3817枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのシングルも状況によって集計しています。


「富士葵」シングルCD総売上枚数
3817枚

年間シングルCD総売上枚数
2018年:3817枚

※上記は、対象年に発売されたCDの売上合計です。
※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのシングルも状況によって集計しています。


シングル売上枚数ランキング
1位 「はじまりの音」:3817枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記のシングル売上枚数ランキングは、富士葵名義のシングルCDのみを集計しています。
※2018年11月17日付



今日もがんばります。
では、また次回



「King&Prince シングルCD売上枚数」

『King&Prince シングルCD売上枚数』



【2018年】
「シンデレラガール」:67万9995枚
「Memorial」:44万3193枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのシングルも状況によって集計しています。


「King&Prince」シングルCD総売上枚数
112万3188枚

年間シングルCD総売上枚数
2018年:112万3188枚

※上記は、対象年に発売されたCDの売上合計です。
※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのシングルも状況によって集計しています。


シングル売上枚数ランキング
1位 「シンデレラガール」:67万9995枚
2位 「Memorial」:44万3193枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記のシングル売上枚数ランキングは、King&Prince名義のシングルCDのみを集計しています。
※2018年11月17日付



今日もがんばります。
では、また次回



「ケツメイシ アルバムCD売上枚数」

『ケツメイシ アルバムCD売上枚数』



【2000年】
「ケツノポリス」:16万4000枚

【2001年】
発売なし

【2002年】
「ケツノポリス2」:72万7000枚

【2003年】
「ケツノポリス3」:91万6000枚

【2004年】
発売なし

【2005年】
「ケツノポリス4」:207万1000枚

【2006年】
発売なし

【2007年】
「ケツノポリス5」:70万2000枚

【2008年】
「ケツノポリス6」:40万0000枚

【2009年】
発売なし

【2010年】
発売なし

【2011年】
「ケツノポリス7」:21万9000枚
「ケツの嵐~春BEST~」:9万6000枚
「ケツの嵐~夏BEST~」:8万7000枚
「ケツの嵐~秋BEST~」:7万9000枚
「ケツの嵐~冬BEST~」:7万8000枚

【2012年】
「KETSUNOPOLIS8」:10万0000枚

【2013年】
発売なし

【2014年】
「KETSUNOPOLIS9」:8万6000枚

【2015年】
「KTMusic」:-枚

【2016年】
「KETSUNOPOLIS10」:4万3738枚

【2017年】
発売なし

【2018年】
「ケツノポリス11」:5万1211枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのアルバムも状況によって集計しています。


「ケツメイシ」アルバムCD総売上枚数
581万9949枚

年間アルバムCD総売上枚数
2000年:16万4000枚
2001年:-枚
2002年:72万7000枚
2003年:91万6000枚
2004年:-枚
2005年:207万1000枚
2006年:-枚
2007年:70万2000枚
2008年:40万0000枚
2009年:-枚
2010年:-枚
2011年:55万9000枚
2012年:10万0000枚
2013年:-枚
2014年:8万6000枚
2015年:-枚
2016年:4万3738枚
2017年:-枚
2018年:5万1211枚

※上記は、対象年に発売されたCDの売上合計です。
※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのアルバムも状況によって集計しています。


アルバム売上枚数ランキング
1位 「ケツノポリス4」:207万1000枚
2位 「ケツノポリス3」:91万6000枚
3位 「ケツノポリス2」:72万7000枚
4位 「ケツノポリス5」:70万2000枚
5位 「ケツノポリス6」:40万0000枚
6位 「ケツノポリス7」:21万9000枚
7位 「ケツノポリス」:16万4000枚
8位 「KETSUNOPOLIS8」:10万0000枚
9位 「ケツの嵐~春BEST~」:9万6000枚
10位 「ケツの嵐~夏BEST~」:8万7000枚
11位 「KETSUNOPOLIS9」:8万6000枚
12位 「ケツの嵐~秋BEST~」:7万9000枚
13位 「ケツノポリス11」:5万1211枚
14位 「ケツの嵐~冬BEST~」:7万8000枚
15位 「KETSUNOPOLIS10」:4万3738枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記のアルバム売上枚数ランキングは、ケツメイシ名義のアルバムCDのみを集計しています。
※2018年11月17日付



今日もがんばります。
では、また次回



「2018年10月-12月期連続ドラマ視聴率一覧」

『2018年10月-12月期連続ドラマ視聴率一覧』



【フジテレビ系】
○「SUITS/スーツ」(主演:織田裕二、月曜21時~)
(成功ライン:平均視聴率12%)
第1話:14.2%
第2話:11.3%
第3話:10.3%
第4話:8.9%
第5話:11.8%
第6話:9.5%
第7話:-%
第8話:-%
第9話:-%
第10話:-%

○「僕らは奇跡でできている」(主演:高橋一生、火曜21時~)
(成功ライン:平均視聴率6.5%)
第1話:7.6%
第2話:6.1%
第3話:6.2%
第4話:7.0%
第5話:6.0%
第6話:6.4%
第7話:-%
第8話:-%
第9話:-%
第10話:-%

○「黄昏流星群」(主演:佐々木蔵之介、木曜22時~)
(成功ライン:平均視聴率7%)
第1話:7.3%
第2話:7.3%
第3話:6.1%
第4話:6.5%
第5話:6.7%
第6話:6.5%
第7話:-%
第8話:-%
第9話:-%
第10話:-%


【TBS系】
○「中学聖日記」(主演:有村架純、火曜22時~)
(成功ライン:平均視聴率9%)
第1話:6.0%
第2話:6.5%
第3話:6.2%
第4話:5.4%
第5話:6.5%
第6話:7.0%
第7話:-%
第8話:-%
第9話:-%
第10話:-%

○「大恋愛~僕を忘れる君と」(主演:戸田恵梨香、金曜22時~)
(成功ライン:平均視聴率7%)
第1話:10.4%
第2話:10.6%
第3話:10.9%
第4話:9.6%
第5話:10.4%
第6話:-%
第7話:-%
第8話:-%
第9話:-%
第10話:-%

○「下町ロケット 第2期」(主演:阿部寛、日曜21時~)
(成功ライン:平均視聴率15%)
第1話:13.9%
第2話:12.4%
第3話:14.7%
第4話:13.4%
第5話:12.7%
第6話:-%
第7話:-%
第8話:-%
第9話:-%
第10話:-%


【日本テレビ系】
○「獣になれない私たち」(主演:新垣結衣、水曜22時~)
(成功ライン:平均視聴率10%)
第1話:11.5%
第2話:8.5%
第3話:8.1%
第4話:6.7%
第5話:8.3%
第6話:10.0%
第7話:-%
第8話:-%
第9話:-%
第10話:-%

○「ブラックスキャンダル」(山口紗弥加、木曜23時59分~)
(成功ライン:平均視聴率3%)
第1話:4.3%
第2話:3.3%
第3話:3.0%
第4話:3.3%
第5話:3.0%
第6話:2.8%
第7話:-%
第8話:-%
第9話:-%
第10話:-%

○「ドロ刑-警視庁捜査三課-」(主演:中島健人、土曜22時~)
(成功ライン:平均視聴率8%)
第1話:11.8%
第2話:8.6%
第3話:8.5%
第4話:8.4%
第5話:8.4%
第6話:-%
第7話:-%
第8話:-%
第9話:-%
第10話:-%

○「今日から俺は!!」(主演:賀来賢人、日曜22時30分~)
(成功ライン:平均視聴率7%)
第1話:9.8%
第2話:8.3%
第3話:8.9%
第4話:9.1%
第5話:9.8%
第6話:-%
第7話:-%
第8話:-%
第9話:-%
第10話:-%


【テレビ朝日系】
○「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(主演:米倉涼子、木曜21時~)
(成功ライン:平均視聴率15%)
第1話:15.0%
第2話:18.1%
第3話:15.9%
第4話:16.5%
第5話:15.4%
第6話:-%
第7話:-%
第8話:-%
第9話:-%
第10話:-%

○「僕とシッポと神楽坂」(主演:相葉雅紀、金曜23時15分~)
(成功ライン:平均視聴率10%)
第1話:6.6%
第2話:5.4%
第3話:4.9%
第4話:4.3%
第5話:5.0%
第6話:-%
第7話:-%
第8話:-%
第9話:-%
第10話:-%

○「あなたには渡さない」(主演:木村佳乃、土曜23時05分~)
(成功ライン:平均視聴率3.5%)
第1話:4.3%
第2話:-%
第3話:-%
第4話:-%
第5話:-%
第6話:-%
第7話:-%
第8話:-%
第9話:-%
第10話:-%

○「相棒 第17期」(主演:水谷豊、水曜21時00分~)
(成功ライン:平均視聴率15%)
第1話:17.1%
第2話:17.9%
第3話:15.6%
第4話:15.2%
第5話:13.6%
第6話:-%
第7話:-%
第8話:-%
第9話:-%
第10話:-%

○「科捜研の女 第18期」(主演:沢口靖子、木曜20時00分~)
(成功ライン:平均視聴率12%)
第1話:13.4%
第2話:11.2%
第3話:13.5%
第4話:11.5%
第5話:-%
第6話:-%
第7話:-%
第8話:-%
第9話:-%
第10話:-%


【NHK】
○「西郷どん」(主演:鈴木亮平、日曜20時~)
(成功ライン:平均視聴率13%)
第1話:15.4%
第2話:15.4%
第3話:14.2%
第4話:14.8%
第5話:15.5%
第6話:15.1%
第7話:14.3%
第8話:14.2%
第9話:14.8%
第10話:14.4%
第11話:14.6%
第12話:14.1%
第13話:13.0%
第14話:11.9%
第15話:13.4%
第16話:11.1%
第17話:12.0%
第18話:14.4%
第19話:13.7%
第20話:12.2%
第21話:12.0%
第22話:13.4%
第23話:13.4%
第24話:12.2%
第25話:12.7%
第26話:12.2%
第27話:12.0%
第28話:11.1%
第29話:11.6%
第30話:10.3%
第31話:11.0%
第32話:10.4%
第33話:13.2%
第34話:11.9%
第35話:11.7%
第36話:11.0%
第37話:9.9%
第38話:10.2%
第39話:12.3%
第40話:11.7%
第41話:11.8%
第42話:11.3%
第43話:-%
第44話:-%
第45話:-%
第46話:-%
第47話:-%(最終回)

※上記は、2018年10月-12月期の主な連続ドラマについて集計しています。
※2018年11月17日付



今日もがんばります。
では、また次回



「エンタメの殿堂通信No.474(11月17日)」

『エンタメの殿堂通信No.474(11月17日)』



いつも「エンタメの殿堂」をご覧になっていただき、ありがとうございます。
「エンタメの殿堂」管理人です。
11月末からはnoteさんで「エンタメの殿堂」を発信していきます。
エンタメの殿堂公式メルマガをまぐまぐ!さんから配信することが決定しました。
俳優・女優別映画興行収入ランキングや俳優・女優別連続ドラマ視聴率ランキングなど人気記事をバージョンアップして配信する予定です。
https://www.mag2.com/m/0001684153.html
10月7日から配信がスタートしています。
次回配信は11月18日です。
ぜひ、ご期待ください。

この「エンタメの殿堂通信」では、その日の更新予定記事や「エンタメの殿堂」のお知らせなどを記載したいと思います。



今日の更新予定記事です。
・「【ブラタモリ】歴代平均視聴率」
・「【超逆境クイズバトル!!99人の壁】歴代平均視聴率」
・「【芸能人が本気で考えた!ドッキリさせちゃうぞGP】歴代平均視聴率」
・「中島健人 主演連続ドラマ視聴率」
・「遠藤憲一 主演連続ドラマ視聴率」
・「木村佳乃 主演連続ドラマ視聴率」
・「【アンフェア】シリーズ興行収入」
などを更新する予定です。



「エンタメの殿堂」は2018年6月1日に1周年を迎えました。
ひとえに皆様のご愛顧のたまものです。
心より感謝申し上げます。
「エンタメの殿堂」は2018年11月末で当面休止期間に入ります。
11月末からはnoteさんで「エンタメの殿堂」を発信していきます。
今後ともよろしくお願いします。



【「エンタメの殿堂」定期更新時期について】
(映画興行収入部門)
○各俳優・女優別興行収入:3月末~4月
○「各年国内映画興行収入ランキング」:毎週火曜~土曜
○「ジャニーズ主演映画年間興行収入ランキング」:3月末~4月
○「ジャニーズ主演映画歴代興行収入ランキング」:3月末~4月
○各俳優・女優・監督別映画総興行収入ランキング:不定期更新
○各監督・脚本家・原作者別興行収入:不定期更新
(ドラマ視聴率部門)
○各俳優・女優別連続ドラマ視聴率:3月末~4月、6月末~7月、9月末~10月、12月末~1月
○「ジャニーズ主演連続ドラマ年間視聴率ランキング」:12月末~1月
○「各期連続ドラマ視聴率一覧」:毎週火曜、水曜、木曜、金曜、土曜
○「連続ドラマ年間平均視聴率ランキング」:12月末~1月
○「連続ドラマクール別平均視聴率ランキング」:3月末~4月、6月末~7月、9月末~10月、12月末~1月
○各監督・脚本家・原作者別連続ドラマ視聴率:不定期更新
(音楽CD・DVD部門)
○各種記事:不定期更新

【「エンタメの殿堂」へのご要望について】
今後も「エンタメの殿堂」の更なる充実に勤めていきたいと思います。
「エンタメの殿堂」に記載してほしい内容などのご要望やご意見は、メッセージ欄や各記事でのコメント欄で受け付けています。
ご要望やご意見も随時受け付けていますので、ぜひお送りください。
また、コメント欄やメッセージでの投稿の際に「匿名」や「名無し」などではなく、ペンネームなどの名前での記載をお願いします。
「匿名」や「名無し」などの名前の場合、コメント記載をしない可能性があります。
※全てのコメントを記載しているわけではありません。ご了承ください。



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 04:30|PermalinkComments(0)エンタメの殿堂通信 

「第539回映画週間興行収入ランキング」

『第539回映画週間興行収入ランキング』



期間:2008年12月13日~2008年12月14日付

1位 「ウォーリー」(ディズニー):2週
2位 「MAJOR 友情の一球」(東宝):1週
3位 「BLEACH 君の名を呼ぶ」(東宝):1週
4位 「252 生存者あり」(ワーナー):2週
5位 「レッドクリフ Part1」(東宝東和):7週
6位 「私は貝になりたい」(東宝):4週
7位 「特命係長 只野仁」(松竹):2週
8位 「ハッピーフライト」(東宝):5週
9位 「まぼろしの邪馬台国」(東映):7週
10位 「プリキュア5」(東映):6週

※上記は、日本国内での興行収入ランキングです。
※上記の数字は、ランクイン登場回数です。


邦画累計ランクイン週数ランキング
1位 「千と千尋の神隠し」(東宝):32週
2位 「ハウルの動く城」(東宝):21週
3位 「踊る大捜査線 THE MOVIE」(東宝):18週
4位 「踊る大捜査線 THE MOVIE2」(東宝):16週
5位 「世界の中心で、愛をさけぶ」(東宝):15週
6位 「崖の上のポニョ」(東宝):14週
7位 「男たちの大和」(東映):11週
7位 「ゲド戦記」(東宝):11週
7位 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(東宝):11週
10位 「陰陽師」(東宝):10週
10位 「いま、会いにゆきます」(東宝):10週
10位 「交渉人 真下正義」(東宝):10週
10位 「HERO 第1期」(東宝):10週
10位 「相棒 劇場版」(東映):10週
10位 「花より男子F」(東宝):10週
10位 「容疑者Xの献身」(東宝):10週



今日もがんばります。
では、また次回



「春奈るな アルバムCD売上枚数」

『春奈るな アルバムCD売上枚数』



【2013年】
「OVERSKY」:8202枚

【2014年】
発売なし

【2015年】
「Candy Lips」:6828枚
「Dreamer」:-枚

【2016年】
発売なし

【2017年】
「LUNARIUM」:3890枚
「S×W EP」:-枚

【2018年】
「LUNA JOULE」:2226枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのアルバムも状況によって集計しています。


「春奈るな」アルバムCD総売上枚数
2万1146枚

年間アルバムCD総売上枚数
2013年:8202枚
2014年:-枚
2015年:6828枚
2016年:-枚
2017年:3890枚
2018年:2226枚

※上記は、対象年に発売されたCDの売上合計です。
※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのアルバムも状況によって集計しています。


アルバム売上枚数ランキング
1位 「OVERSKY」:8202枚
2位 「Candy Lips」:6828枚
3位 「LUNARIUM」:3890枚
4位 「LUNA JOULE」:2226枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記のアルバム売上枚数ランキングは、春奈るな名義のアルバムCDのみを集計しています。
※2018年11月17日付



今日もがんばります。
では、また次回



「林部智史 アルバムCD売上枚数」

『林部智史 アルバムCD売上枚数』



【2018年】
「I」:-枚
「カタリベ1」:2万1558枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのアルバムも状況によって集計しています。


「林部智史」アルバムCD総売上枚数
2万1558枚

年間アルバムCD総売上枚数
2018年:2万1558枚

※上記は、対象年に発売されたCDの売上合計です。
※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのアルバムも状況によって集計しています。


アルバム売上枚数ランキング
1位 「カタリベ1」:2万1558枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記のアルバム売上枚数ランキングは、林部智史名義のアルバムCDのみを集計しています。
※2018年11月17日付



今日もがんばります。
では、また次回



「fripSide シングルCD売上枚数」

『fripSide シングルCD売上枚数』



【2008年】
「flower of bravery」:1万1458枚
「やっぱり世界はあたし☆れじぇんど!!」:7024枚

【2009年】
「only my railgun」:9万2741枚

【2010年】
「LEVEL5-judgelight-」:6万1590枚
「future gazer」:3万1952枚

【2011年】
「Heaven is a Place on Earth」:1万0754枚
「way to answer」:1万2000枚

【2012年】
発売なし

【2013年】
「sister's noise」:4万9000枚
「eternal reality」:3万0000枚

【2014年】
「black bullet」:2万8000枚

【2015年】
「Luminize」:1万2741枚
「Two souls-toward the truth-」:1万4026枚

【2016年】
「white forces」:1万3036枚
「僕は僕であって」:1万1469枚
「The end of escape」:8866枚

【2017年】
「clockwork planet」:1万2640枚

【2018年】
「killing bites」:6943枚
「divine criminal」:6442枚
「Love with You」:6896枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのシングルも状況によって集計しています。


「fripSide」シングルCD総売上枚数
42万7588枚

年間シングルCD総売上枚数
2008年:1万8482枚
2009年:9万2741枚
2010年:9万3542枚
2011年:2万2754枚
2012年:-枚
2013年:7万9000枚
2014年:2万8000枚
2015年:2万6767枚
2016年:3万3371枚
2017年:1万2640枚
2018年:2万0281枚

※上記は、対象年に発売されたCDの売上合計です。
※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのシングルも状況によって集計しています。


シングル売上枚数ランキング
1位 「only my railgun」:9万2741枚
2位 「LEVEL5-judgelight-」:6万1590枚
3位 「sister's noise」:4万9000枚
4位 「future gazer」:3万1952枚
5位 「eternal reality」:3万0000枚
6位 「black bullet」:2万8000枚
7位 「Two souls-toward the truth-」:1万4026枚
8位 「white forces」:1万3036枚
9位 「Luminize」:1万2741枚
10位 「clockwork planet」:1万2640枚
11位 「way to answer」:1万2000枚
12位 「flower of bravery」:1万1458枚
13位 「Heaven is a Place on Earth」:1万0754枚
14位 「killing bites」:6943枚
15位 「Love with You」:6896枚
16位 「divine criminal」:6442枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記のシングル売上枚数ランキングは、fripSide名義のシングルCDのみを集計しています。
※2018年11月17日付



今日もがんばります。
では、また次回



「蓮佛美沙子 主演連続ドラマ視聴率」

『蓮佛美沙子 主演連続ドラマ視聴率』



○フジテレビ作品

○TBS作品
「37.5℃の涙」(TBS):6.17%

○日本テレビ作品

○テレビ朝日作品

○テレビ東京作品

○NHK作品
「七瀬ふたたび」(NHK):5.9%

※上記は、2000年以降の連続ドラマで視聴率が発表された作品を集計しています。
※上記は、連続ドラマのみを集計しています。
※上記は、深夜ドラマも含んでいます。
※上記は、準主演・ヒロイン作品も含んでいます。
※2018年11月17日付



【備考】
集計対象ドラマ数:2作品
未集計対象ドラマ数:0作品
最高平均視聴率作品:「37.5℃の涙」:6.17%
最低平均視聴率作品:「七瀬ふたたび」:5.9%
平均視聴率30%以上:0作品
平均視聴率20%以上:0作品
平均視聴率15%以上:0作品
平均視聴率10%以上:0作品
平均視聴率10%以下:2作品



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 02:00|PermalinkComments(0)女優ラ行 視聴率 

「内野聖陽 主演連続ドラマ視聴率」

『内野聖陽 主演連続ドラマ視聴率』



○フジテレビ作品

○TBS作品
「とんび」(TBS):15.5%

○日本テレビ作品

○テレビ朝日作品
「臨場 第2期」(テレビ朝日):17.6%
「臨場 第1期」(テレビ朝日):14.5%
「ゴンゾウ 伝説の刑事」(テレビ朝日):10.7%

○テレビ東京作品

○NHK作品
「風林火山」(NHK):18.7%
「蝉しぐれ」(NHK):未発表
「秘太刀 馬の骨」(NHK):未発表

※上記は、2000年以降の連続ドラマで視聴率が発表された作品を集計しています。
※上記は、連続ドラマのみを集計しています。
※上記は、深夜ドラマも含んでいます。
※上記は、準主演作品も含んでいます。
※2018年11月17日付



【備考】
集計対象ドラマ数:5作品
未集計対象ドラマ数:2作品
最高平均視聴率作品:「風林火山」:18.7%
最低平均視聴率作品:「ゴンゾウ 伝説の刑事」:10.7%
平均視聴率30%以上:0作品
平均視聴率20%以上:0作品
平均視聴率15%以上:3作品
平均視聴率10%以上:2作品
平均視聴率10%以下:0作品



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 01:30|PermalinkComments(0)俳優ア行 視聴率 

「山本美月 主演映画興行収入」

『山本美月 主演映画興行収入』



○東宝配給作品

○松竹配給作品
「ピーチガール」(松竹):5億8200万円

○東映配給作品
「少女」(東映):3000万円

○その他の配給作品
「貞子vs伽椰子」(角川映画):10億0000万円

○興行収入未発表作品
「東京PRウーマン」(BS-TBS):未発表

※上記は、2000年以降の作品で興行収入が発表された作品を集計しています。
※上記の数値は、日本での興行収入です。
※上記は、準主演・ヒロイン作品も含んでいます。
※2018年11月17日付



【備考】
集計対象作品数:3作品
未集計対象作品数:1作品
総興行収入:16億1200万円
東宝配給作品の平均興行収入:-
松竹配給作品の平均興行収入:5億8200万円
東映配給作品の平均興行収入:3000万円
その他配給作品の平均興行収入:10億0000万円



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 01:00|PermalinkComments(0)女優ヤ行 興行収入 

「高畑充希 主演連続ドラマ視聴率」

『高畑充希 主演連続ドラマ視聴率』



○フジテレビ作品

○TBS作品

○日本テレビ作品
「過保護のカホコ」(日本テレビ):11.47%

○テレビ朝日作品

○テレビ東京作品
「忘却のサチコ」(テレビ東京):未発表

○NHK作品
「とと姉ちゃん」(NHK):22.8%

※上記は、2000年以降の連続ドラマで視聴率が発表された作品を集計しています。
※上記は、連続ドラマのみを集計しています。
※上記は、深夜ドラマも含んでいます。
※上記は、準主演・ヒロイン作品も含んでいます。
※2018年11月17日付



【備考】
集計対象ドラマ数:2作品
未集計対象ドラマ数:1作品
最高平均視聴率作品:「とと姉ちゃん」:22.8%
最低平均視聴率作品:「過保護のカホコ」:11.47%
平均視聴率30%以上:0作品
平均視聴率20%以上:1作品
平均視聴率15%以上:0作品
平均視聴率10%以上:1作品
平均視聴率10%以下:0作品



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 00:30|PermalinkComments(0)女優タ行 視聴率 

「相葉雅紀 主演連続ドラマ視聴率」

『相葉雅紀 主演連続ドラマ視聴率』



○フジテレビ作品
「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ):12.5%
「ラストホープ」(フジテレビ):10.6%
「貴族探偵」(フジテレビ):8.6%
「Vの嵐」(フジテレビ):未発表

○TBS作品

○日本テレビ作品
「三毛猫ホームズの推理」(日本テレビ):12.8%

○テレビ朝日作品
「バーテンダー」(テレビ朝日):10.03%
「マイガール」(テレビ朝日):8.82%
「僕とシッポと神楽坂」(テレビ朝日):未発表

○テレビ東京作品

○NHK作品

※上記は、2000年以降の連続ドラマで視聴率が発表された作品を集計しています。
※上記は、連続ドラマのみを集計しています。
※上記は、深夜ドラマも含んでいます。
※上記は、準主演作品も含んでいます。
※2018年11月17日付



【備考】
集計対象ドラマ数:6作品
未集計対象ドラマ数:2作品
最高平均視聴率作品:「三毛猫ホームズの推理」:12.8%
最低平均視聴率作品:「貴族探偵」:8.6%
平均視聴率30%以上:0作品
平均視聴率20%以上:0作品
平均視聴率15%以上:0作品
平均視聴率10%以上:4作品
平均視聴率10%以下:2作品



今日もがんばります。
では、また次回



2018年11月16日

「AKIRA 主演連続ドラマ視聴率」

『AKIRA 主演連続ドラマ視聴率』



○フジテレビ作品
「GTO 第1期」(フジテレビ):13.2%
「GTO 第2期」(フジテレビ):7.2%
「ハニー・トラップ」(フジテレビ):6.0%
「HEAT」(フジテレビ):4.12%

○TBS作品

○日本テレビ作品
「HiGH&LOW 第2期」(日本テレビ):2.4%
「HiGH&LOW 第1期」(日本テレビ):2.05%

○テレビ朝日作品

○テレビ東京作品

○NHK作品

※上記は、2000年以降の連続ドラマで視聴率が発表された作品を集計しています。
※上記は、連続ドラマのみを集計しています。
※上記は、深夜ドラマも含んでいます。
※上記は、準主演作品も含んでいます。
※2018年11月16日付



【備考】
集計対象ドラマ数:6作品
未集計対象ドラマ数:0作品
最高平均視聴率作品:「GTO 第1期」:13.2%
最低平均視聴率作品:「HiGH&LOW 第1期」:2.05%
平均視聴率30%以上:0作品
平均視聴率20%以上:0作品
平均視聴率15%以上:0作品
平均視聴率10%以上:1作品
平均視聴率10%以下:5作品



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 23:30|PermalinkComments(0)俳優ア行 視聴率 

「AKIRA 主演映画興行収入」

『AKIRA 主演映画興行収入』



○東宝配給作品

○松竹配給作品
「HiGH&LOW THE MOVIE」(松竹):21億1000万円
「HiGH&LOW THE MOVIE 2」(松竹):13億4000万円
「HiGH&LOW THE MOVIE 3」(松竹):13億1000万円
「ROAD TO HiGH&LOW」(松竹):3億0600万円

○東映配給作品

○その他の配給作品

○興行収入未発表作品
「ちゃんと伝える」(ギャガ):未発表
「半次郎」(ピーズ・インターナショナル):未発表
「ワーキング・ホリデー」(よしもとクリエイティブ・エージェンシー):未発表

※上記は、2000年以降の作品で興行収入が発表された作品を集計しています。
※上記の数値は、日本での興行収入です。
※上記は、準主演作品も含んでいます。
※2018年11月16日付



【備考】
集計対象作品数:4作品
未集計対象作品数:3作品
総興行収入:50億6600万円
東宝配給作品の平均興行収入:-
松竹配給作品の平均興行収入:12億6650万円
東映配給作品の平均興行収入:-
その他配給作品の平均興行収入:-



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 23:00|PermalinkComments(0)俳優ア行 興行収入 

「【TBS:金曜ドラマ】歴代平均視聴率」

『【TBS:金曜ドラマ】歴代平均視聴率』



【1989年】
「雨よりも優しく」(浅野ゆう子):未発表

【1990年】
「想い出にかわるまで」(今井美樹):14.9%
「誘惑」(-):未発表
「都会の森」(高嶋政伸):未発表
「男について」(浅野ゆう子):未発表

【1991年】
「ふぞろいの林檎たち 第3期」(中井貴一):19.2%
「それでも家を買いました」(三上博史、田中美佐子):未発表
「結婚したい男たち」(片岡鶴太郎):未発表
「あしたがあるから」(今井美樹):未発表

【1992年】
「おとなの選択」(松田聖子):未発表
「愛はどうだ」(緒方拳):未発表
「ずっとあなたが好きだった」(賀来千香子):19.9%
「十年愛」(田中美佐子、浜田雅功):16.5%

【1993年】
「高校教師」(真田広之、桜井幸子):21.9%
「わたしってブスだったの?」(松田聖子):未発表
「誰にも言えない」(賀来千香子):23.8%
「徹底的に愛は・・・」(仙道敦子、吉田栄作):未発表

【1994年】
「いつも心に太陽を」(西田敏行):未発表
「適齢期」(三上博史):未発表
「人間・失格」(赤井英和):19.2%
「僕が彼女に、借金をした理由。」(真田広之、小泉今日子):15.1%

【1995年】
「揺れる想い」(南野陽子):未発表
「ジューン・ブライド」(財前直見):未発表
「愛してると言ってくれ」(豊川悦司、常盤貴子):21.3%
「未成年」(いしだ壱成):20.0%

【1996年】
「愛とは決して後悔しないこと」(緒形直人):未発表
「君と出逢ってから」(本木雅弘):未発表
「硝子のかけらたち」(藤井フミヤ):12.7%
「協奏曲」(田村正和):23.9%

【1997年】
「君が人生の時」(高嶋政伸):13.5%
「ふぞろいの林檎たち 第4期」(中井貴一):17.4%
「最後の恋」(中居正広、常盤貴子):16.8%
「青い鳥」(豊川悦司):17.7%

【1998年】
「聖者の行進」(いしだ壱成):20.9%
「めぐり逢い」(福山雅治、常盤貴子):16.6%
「ランデヴー」(田中美佐子、桃井かおり):未発表
「あきまへんで!」(中村玉緒):未発表

【1999年】
「ケイゾク」(中谷美紀、渡部篤郎):13.9%
「週末婚」(永作博美):16.0%
「独身生活」(江角マキコ):12.1%
「美しい人」(田村正和、常盤貴子):16.6%

【2000年】
「金曜日の恋人たちへ」(藤原紀香):13.0%
「QUIZ」(財前直見):未発表
「Friends」(浜田雅功):12.4%
「真夏のメリークリスマス」(竹野内豊、中谷美紀):11.7%

【2001年】
「ストロベリー・オンザ・ショートケーキ」(滝沢秀明):17.3%
「昔の男」(藤原紀香):14.7%
「世界で一番熱い夏」(岸谷五朗):9.5%
「恋を何年休んでますか」(小泉今日子、飯島直子、黒木瞳):16.6%

【2002年】
「木更津キャッツアイ」(岡田准一):10.1%
「夢のカリフォルニア」(堂本剛):9.3%
「愛なんていらねえよ、夏」(渡部篤郎):7.8%
「ママの遺伝子」(薬師丸ひろ子):10.5%

【2003年】
「高校教師」(藤木直人):10.8%
「ブラックジャックによろしく」(妻夫木聡):14.2%
「Stand Up!!」(二宮和也):10.3%
「ヤンキー母校に帰る」(竹野内豊):12.8%

【2004年】
「奥さまは魔女」(米倉涼子):11.2%
「ホームドラマ!」(堂本剛):9.7%
「世界の中心で、愛をさけぶ」(山田孝之):16.0%
「3年B組金八先生 第7期」(武田鉄矢):14.5%

【2005年】
「タイガー&ドラゴン」(長瀬智也):12.8%
「ドラゴン桜」(阿部寛):16.4%
「花より男子 第1期」(井上真央):19.8%

【2006年】
「夜王」(松岡昌宏):15.5%
「クロサギ」(山下智久):15.7%
「タイヨウのうた」(山田孝之):10.3%
「セーラー服と機関銃」(長澤まさみ):13.4%
「笑える恋はしたくない」(山崎静代):8.3%

【2007年】
「花より男子 第2期」(井上真央):21.6%
「特急田中3号」(田中聖):8.8%
「山田太郎ものがたり」(二宮和也):15.3%
「歌姫」(長瀬智也):8.0%

【2008年】
「エジソンの母」(伊東美咲):9.5%
「Around40~注文の多いオンナたち~」(天海祐希):14.7%
「魔王」(大野智、生田斗真):11.4%
「流星の絆」(二宮和也):16.6%

【2009年】
「ラブ♡シャッフル」(玉木宏):8.79%
「スマイル」(松本潤):10.2%
「オルトロスの犬」(滝沢秀明):8.4%
「おひとりさま」(観月ありさ):9.5%

【2010年】
「ヤマトナデシコ七変化」(亀梨和也):8.3%
「ヤンキー君とメガネちゃん」(成宮寛貴):11.3%
「うぬぼれ刑事」(長瀬智也):8.2%
「SPEC」(戸田恵梨香、加瀬亮):10.5%

【2011年】
「LADY~最後の犯罪プロファイル~」(北川景子):9.4%
「生まれる。」(堀北真希):10.3%
「美男ですね」(瀧本美織、玉森裕太、藤ヶ谷太輔、八乙女光):10.0%
「専業主婦探偵~私はシャドウ」(深田恭子):10.0%

【2012年】
「恋愛ニート」(仲間由紀恵):9.1%
「もう一度君に、プロポーズ」(竹野内豊):8.6%
「黒の女教師」(榮倉奈々):9.9%
「大奥~誕生 有功・家光篇」(堺雅人、多部未華子):8.6%

【2013年】
「夜行観覧車」(鈴木京香):11.6%
「TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~」(唐沢寿明):10.1%
「なるようになるさ。 第1期」(舘ひろし):12.9%
「クロコーチ」(長瀬智也):9.6%

【2014年】
「夜のせんせい」(観月ありさ):6.5%
「アリスの棘」(上野樹里):11.1%
「家族狩り」(松雪泰子):8.0%
「Nのために」(榮倉奈々):9.0%

【2015年】
「ウロボロス~この愛こそ、正義。」(生田斗真):10.4%
「アルジャーノンに花束を」(山下智久):8.6%
「表参道高校合唱部!」(芳根京子):5.9%
「コウノドリ 第1期」(綾野剛):11.5%

【2016年】
「わたしを離さないで」(綾瀬はるか):6.8%
「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」(中谷美紀):9.0%
「神の舌を持つ男」(向井理):5.6%
「砂の塔~知りすぎた隣人~」(菅野美穂):10.2%

【2017年】
「下剋上受験」(阿部サダヲ):8.2%
「リバース」(藤原竜也):8.8%
「ハロー張りネズミ」(瑛太):7.33%
「コウノドリ 第2期」(綾野剛):11.87%

【2018年】
「アンナチュラル」(石原さとみ):11.14%
「あなたには帰る家がある」(中谷美紀):8.46%
「チア☆ダン」(土屋太鳳):7.14%
「大恋愛~僕を忘れる君と」(戸田恵梨香):未発表

※上記は、TBSの金曜ドラマ枠を集計しています。
※上記は、全て平均視聴率です。
※上記の()内は主演俳優名・女優名です。
※視聴率は、関東地区でのデータです。
※2018年11月16日付



【1989年~1999年】
最高視聴率作品:「協奏曲」(田村正和):23.9%
最低視聴率作品:「独身生活」(江角マキコ):12.1%

【2000年~2009年】
最高視聴率作品:「花より男子 第2期」(井上真央):21.6%
最低視聴率作品:「愛なんていらねえよ、夏」(渡部篤郎):7.8%

【2010年~2019年】
最高視聴率作品:「なるようになるさ。 第1期」(舘ひろし):12.9%
最低視聴率作品:「神の舌を持つ男」(向井理):5.6%

※上記は、全て平均視聴率です。



今日もがんばります。
では、また次回



「戸田恵梨香 主演連続ドラマ視聴率」

『戸田恵梨香 主演連続ドラマ視聴率』



○フジテレビ作品
「LIAR GAME 第1期」(フジテレビ):11.41%
「大切なことはすべて君が教えてくれた」(フジテレビ):11.4%
「LIAR GAME 第2期」(フジテレビ):11.0%

○TBS作品
「SPEC」(TBS):10.5%
「大恋愛」(TBS):未発表

○日本テレビ作品

○テレビ朝日作品

○テレビ東京作品

○NHK作品
「書店員ミチルの身の上話」(NHK):6.1%

※上記は、2000年以降の連続ドラマで視聴率が発表された作品を集計しています。
※上記は、連続ドラマのみを集計しています。
※上記は、深夜ドラマも含んでいます。
※上記は、準主演・ヒロイン作品も含んでいます。
※2018年11月16日付



【備考】
集計対象ドラマ数:5作品
未集計対象ドラマ数:1作品
最高平均視聴率作品:「LIAR GAME 第1期」:11.41%
最低平均視聴率作品:「書店員ミチルの身の上話」:6.1%
平均視聴率30%以上:0作品
平均視聴率20%以上:0作品
平均視聴率15%以上:0作品
平均視聴率10%以上:4作品
平均視聴率10%以下:1作品



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 22:00|PermalinkComments(0)女優タ行 視聴率 

「【赤い霊柩車】歴代平均視聴率」

『【赤い霊柩車】歴代平均視聴率』



【第1作】
1992年3月6日
視聴率:-%

【第2作】
1993年7月15日
視聴率:-%

【第3作】
1994年7月15日
視聴率:16.1%

【第4作】
1995年3月17日
視聴率:19.9%

【第5作】
1996年1月26日
視聴率:20.5%

【第6作】
1996年10月18日
視聴率:-%

【第7作】
1997年4月11日
視聴率:19.6%

【第8作】
1997年12月26日
視聴率:17.8%

【第9作】
1998年10月2日
視聴率:17.9%

【第10作】
1998年12月25日
視聴率:16.4%

【第11作】
1999年10月22日
視聴率:19.5%

【第12作】
2000年4月28日
視聴率:19.8%

【第13作】
2000年10月13日
視聴率:19.4%

【第14作】
2001年10月12日
視聴率:17.3%

【第15作】
2002年4月5日
視聴率:19.8%

【第16作】
2002年10月4日
視聴率:17.1%

【第17作】
2003年6月13日
視聴率:17.2%

【第18作】
2003年10月10日
視聴率:15.5%

【第19作】
2004年10月8日
視聴率:18.2%

【第20作】
2005年10月14日
視聴率:17.5%

【第21作】
2006年10月6日
視聴率:18.1%

【第22作】
2007年10月5日
視聴率:15.7%

【第23作】
2008年10月10日
視聴率:16.1%

【第24作】
2009年6月5日
視聴率:13.5%

【第25作】
2010年4月2日
視聴率:15.3%

【第26作】
2010年10月1日
視聴率:14.5%

【第27作】
2011年4月8日
視聴率:15.7%

【第28作】
2011年10月7日
視聴率:15.1%

【第29作】
2012年4月13日
視聴率:12.0%

【第30作】
2012年9月28日・10月5日
前編 視聴率:11.9%
後編 視聴率:12.2%

【第31作】
2013年4月19日
視聴率:10.0%

【第32作】
2013年11月22日
視聴率:13.9%

【第33作】
2014年4月18日
視聴率:10.5%

【第34作】
2014年10月24日
視聴率:-%

【第35作】
2015年6月26日
視聴率:10.0%

【第36作】
2016年3月25日
視聴率:8.5%

【第37作】
2018年11月16日
視聴率:-%

※上記は、全て平均視聴率です。
※視聴率は、関東地区でのデータです。
※上記は、フジテレビ「赤い霊柩車」の単発ドラマを集計しています。
※2018年11月16日付



今日もがんばります。
では、また次回



「【フィギュアスケート】歴代平均視聴率」

『【フィギュアスケート】歴代平均視聴率』



【2010年】
1位 バンクーバー五輪女子FS(2010年2月26日):36.3%
2位 全日本選手権女子FS(2010年12月26日):29.0%
3位 全日本選手権女子SP(2010年12月25日):24.6%
4位 グランプリファイナル男子・女子FS(2010年12月11日):22.9%
5位 世界選手権女子FS(2010年3月28日):22.6%
6位 バンクーバー五輪男子SP(2010年2月17日):20.6%
7位 グランプリファイナル男子・女子SP(2010年12月10日):20.2%
8位 バンクーバー五輪女子SP(2010年2月24日):18.3%
9位 全日本選手権メダリストオンアイス(2010年12月27日):17.0%
10位 NHK杯女子FS(2010年10月23日):15.0%
10位 全日本選手権男子SP(2010年12月24日):15.0%
12位 全日本選手権男子FS(2010年12月25日):14.6%
13位 NHK杯女子SP(2010年10月22日):14.2%
14位 中国杯男子・女子SP(2010年11月6日):13.8%
15位 グランプリファイナルエキシビション(2010年12月10日):11.3%
16位 中国杯男子・女子FS(2010年11月7日):10.8%
17位 NHK杯エキシビション(2010年10月24日):9.2%

【2011年】
1位 世界選手権女子FS(2011年4月30日):29.3%
2位 世界選手権女子SP(2011年4月29日):27.8%
3位 全日本選手権女子FS(2011年12月25日):26.7%
4位 全日本選手権女子SP(2011年12月24日):22.7%
5位 四大陸選手権女子FS(2011年2月20日):21.1%
6位 全日本選手権男子FS(2011年12月24日):19.6%
7位 四大陸選手権男子FS・女子SP(2011年2月19日):19.1%
8位 ロシア杯女子FS・男子SP(2011年11月26日):18.2%
9位 グランプリファイナル男子・女子FS(2011年12月11日):17.7%
10位 NHK杯女子FS(2011年11月12日):16.7%
11位 ロシア杯女子SP(2011年11月25日):16.3%
12位 NHK杯女子SP(2011年11月11日):14.8%
13位 グランプリファイナル男子・女子SP(2011年12月10日):14.3%
14位 全日本選手権メダリストオンアイス(2011年12月26日):13.6%
15位 全日本選手権男子SP(2011年12月23日):12.3%
16位 四大陸選手権男子SP(2011年2月18日):11.9%

【2012年】
1位 グランプリファイナル女子FS(2012年12月8日):23.2%
2位 NHK杯女子FS(2012年11月24日):20.2%
3位 グランプリファイナル女子SP(2012年12月7日):19.5%
4位 全日本選手権女子FS(2012年12月23日):19.1%
5位 中国杯男子FS・女子FS(2012年11月3日):18.4%
6位 全日本選手権男子FS・女子SP(2012年12月22日):17.1%
7位 国別対抗戦女子FS(2012年4月21日):16.2%
8位 四大陸選手権男子FS・女子SP(2012年2月11日):15.5%
9位 四大陸選手権女子FS(2012年2月12日):15.4%
10位 世界選手権女子FS(2012年4月1日):14.8%
11位 世界選手権男子FS(2012年3月31日):14.7%
12位 国別対抗戦男子SP・女子SP(2012年4月19日):14.6%
13位 国別対抗戦男子FS(2012年4月20日):14.3%
14位 世界選手権女子SP(2012年3月29日):12.6%
15位 グランプリファイナル男子FS(2012年12月8日):11.1%
16位 全日本選手権男子SP(2012年12月21日):10.4%
17位 四大陸選手権男子SP(2012年2月10日):9.9%
18位 NHK杯エキシビション(2012年11月25日):9.5%
18位 全日本選手権エキシビション(2012年12月24日):9.5%
20位 NHK杯男子FS(2012年11月24日):7.0%
21位 NHK杯男子SP(2012年11月23日):5.5%

【2013年】
1位 全日本選手権女子FS(2013年12月23日):30.0%
2位 全日本選手権男子FS(2013年12月22日):23.0%
3位 全日本選手権女子SP(2013年12月22日):22.7%
4位 国別対抗戦女子FS(2013年4月13日):17.9%
5位 世界選手権女子FS(2013年3月17日):17.0%
6位 国別対抗戦男子FS(2013年4月13日):16.8%
7位 四大陸選手権男子FS・女子SP(2013年2月9日):16.4%
8位 四大陸選手権女子FS(2013年2月10日):16.3%
9位 国別対抗戦男子SP・女子SP(2013年4月11日):15.0%
10位 世界選手権男子FS(2013年3月16日):13.1%
11位 世界選手権女子SP(2013年3月15日):12.6%
12位 国別対抗戦エキシビション(2013年4月14日):11.4%
13位 世界選手権男子SP(2013年3月14日):10.8%
14位 世界選手権エキシビション(2013年3月17日):8.2%

【2014年】
1位 世界選手権女子FS(2014年3月29日):23.0%
2位 ソチ五輪男子FS(2014年2月15日):21.9%
3位 世界選手権男子FS(2014年3月28日):20.9%
4位 世界選手権女子SP(2014年3月27日):19.2%
5位 全日本選手権男子FS・女子SP(2014年12月27日):18.6%
6位 NHK杯男子SP・女子SP(2014年11月28日):17.7%
7位 NHK杯男子FS・女子FS(2014年11月29日):17.2%
8位 全日本選手権男子SP(2014年12月26日):16.2%
9位 ソチ五輪女子FS(2014年2月20日):15.1%
10位 全日本選手権女子FS(2014年12月28日):14.0%
11位 世界選手権男子SP(2014年3月26日):13.2%
12位 ソチ五輪男子SP(2014年2月14日):12.9%
13位 ソチ五輪女子SP(2014年2月20日):11.2%
14位 全日本選手権メダリストオンアイス(2014年12月29日):9.3%

【2015年】
1位 NHK杯女子FS(2015年11月28日):23.5%
2位 全日本選手権女子FS(2015年12月27日):20.6%
3位 全日本選手権女子SP(2015年12月26日):19.5%
4位 NHK杯男子FS(2015年11月28日):18.0%
5位 NHK杯女子SP(2015年11月27日):17.7%
6位 全日本選手権男子FS(2015年12月26日):17.5%
7位 国別対抗戦男子FS(2015年4月17日):15.7%
8位 国別対抗戦女子FS(2015年4月18日):13.1%
8位 カナダ杯男子SP・女子SP(2015年10月31日):13.1%
8位 カナダ杯男子FS・女子FS(2015年11月1日):13.1%
11位 全日本選手権男子SP(2015年12月25日):12.9%
12位 ジャパンオープン(2015年10月3日):11.6%
13位 国別対抗戦男子SP・女子SP(2015年4月16日):11.0%
14位 国別対抗戦エキシビション(2015年4月19日):9.9%
15位 四大陸選手権男子FS(2015年2月14日):9.2%
16位 NHK杯男子SP(2015年11月27日):8.8%
17位 四大陸選手権女子FS(2015年2月15日):8.7%
18位 四大陸選手権男子SP・女子SP(2015年2月13日):8.6%
19位 アメリカ杯男子FS・女子FS(2015年10月25日):5.8%
20位 アメリカ杯男子SP・女子SP(2015年10月24日):5.3%

【2016年】
1位 グランプリファイナル男子FS・女子FS(2016年12月11日):17.6%
2位 世界選手権男子SP(2016年3月31日):16.3%
3位 NHK杯男子FS(2016年11月26日):16.0%
4位 グランプリファイナル男子SP(2016年12月9日):15.8%
5位 NHK杯女子FS(2016年11月26日):14.5%
6位 世界選手権男子FS(2016年4月2日):14.3%
7位 全日本選手権女子SP(2016年12月24日):14.3%
8位 全日本選手権女子FS(2016年12月25日):14.1%
9位 世界選手権女子FS(2016年4月3日):13.6%
9位 全日本選手権男子FS(2016年12月24日):13.6%
11位 世界選手権女子SP(2016年4日1日):13.4%
11位 NHK杯男子SP(2016年11月25日):13.4%
13位 四大陸選手権女子FS(2016年2月20日):12.6%
14位 グランプリファイナル女子SP(2016年12月10日):11.8%
15位 カナダ杯男子FS・女子FS(2016年10月30日):11.7%
16位 カナダ杯男子SP・女子SP(2016年10月29日):10.7%
17位 アメリカ杯男子SP・女子FS(2016年10月23日):10.0%
18位 四大陸選手権男子SP(2016年2月19日):9.9%
19位 フランス杯男子SP・女子SP(2016年11月12日):9.8%
20位 アメリカ杯女子SP(2016年10月22日):9.5%
21位 四大陸選手権男子FS(2016年2月21日):9.0%
22位 四大陸選手権女子SP(2016年2月18日):8.6%
22位 フランス杯男子FS・女子FS(2016年11月13日):8.6%
22位 全日本選手権男子SP(2016年12月23日):8.6%
25位 ジャパンオープン(2016年10月1日):7.0%
26位 ロシア杯男子FS・女子FS(2016年11月6日):6.5%
27位 ロシア杯男子SP・女子SP(2016年11月5日):5.6%

【2017年】
1位 世界選手権男子FS(2017年4月2日):18.1%
2位 国別対抗戦男子FS(2017年4月21日):16.0%
3位 ロシア杯男子SP(2017年10月20日):15.0%
4位 ロシア杯男子FS・女子SP(2017年10月21日):14.5%
5位 グランプリファイナル男子FS・女子SP(2017年12月8日):14.4%
6位 全日本選手権女子FS(2017年12月23日):14.0%
7位 国別対抗戦男子SP・女子SP(2017年4月20日):13.2%
7位 国別対抗戦女子FS(2017年4月22日):13.2%
9位 四大陸選手権男子FS(2017年2月19日):12.7%
9位 世界選手権男子SP(2017年3月30日):12.7%
11位 グランプリファイナル男子SP(2017年12月7日):12.6%
12位 全日本選手権男子FS(2017年12月24日):11.8%
13位 国別対抗戦エキシビション(2017年4月23日):10.9%
14位 四大陸選手権男子SP(2017年2月17日):10.7%
15位 全日本選手権女子SP(2017年12月21日):10.6%
16位 NHK杯女子FS(2017年11月11日):10.5%
17位 グランプリファイナル女子FS(2017年12月9日):10.3%
18位 四大陸選手権女子FS(2017年2月18日):9.5%
19位 全日本選手権男子SP(2017年12月22日):8.6%
20位 ジュニア選手権女子FS(2017年3月18日):8.5%
21位 世界選手権女子SP(2017年3月29日):6.9%
21位 四大陸選手権女子SP(2017年2月16日):6.9%
23位 NHK杯男子SP・女子SP(2017年11月10日):6.8%
24位 NHK杯男子FS(2017年11月11日):6.7%
25位 フランス杯男子SP・女子SP(2017年11月18日):6.3%
26位 ジャパンオープン(2017年10月10日):5.6%

【2018年】
1位 平昌五輪男子FS(2018年2月17日):33.9%
2位 平昌五輪女子SP(2018年2月21日):16.5%
3位 平昌五輪女子FS(2018年2月23日):13.3%
4位 四大陸選手権男子FS(2018年1月27日):9.1%
5位 四大陸選手権女子FS(2018年1月26日):8.2%

※視聴率は、関東地区での視聴率です。
※上記は、フィギュアスケートの視聴率を集計しています。
※2018年11月16日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 21:00|PermalinkComments(1)スポーツ中継視聴率 

「【超問クイズ!真実か?ウソか?】歴代平均視聴率」

『【超問クイズ!真実か?ウソか?】歴代平均視聴率』



【第1回】
2014年2月2日
視聴率:-%

【第2回】
2014年4月30日
視聴率:10.8%

【第3回】
2015年1月6日
視聴率:-%

【第4回】
2016年1月8日
視聴率:-%

【第5回】
2018年9月28日
視聴率:-%

【第6回】
2018年10月12日
視聴率:-%

【第7回】
2018年11月16日
視聴率:-%

※視聴率は、関東地区での視聴率です。
※上記は、日本テレビ「超問クイズ!真実か?ウソか?」の平均視聴率を集計しています。
※上記は、不定期特別番組、スペシャルのみを集計しています。
※2018年11月16日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 20:30|PermalinkComments(0)視聴率その他 

「【チコちゃんに叱られる!】歴代平均視聴率」

『【チコちゃんに叱られる!】歴代平均視聴率』



【第1回】
2017年3月24日
視聴率:-%

【第2回】
2017年8月2日
視聴率:-%

【第3回】
2017年12月27日
視聴率:-%

【第4回】
2018年4月7日
視聴率:-%

※視聴率は、関東地区での視聴率です。
※上記は、NHK「チコちゃんに叱られる!」の平均視聴率を集計しています。
※上記は、特番・スペシャルのみを集計しています。
※2018年11月16日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 20:00|PermalinkComments(0)視聴率その他 

「【坂上どうぶつ王国】歴代平均視聴率」

『【坂上どうぶつ王国】歴代平均視聴率』



【第1回】
2017年12月19日
視聴率:-%

【第2回】
2018年10月12日
視聴率:9.1%

※視聴率は、関東地区での視聴率です。
※上記は、フジテレビ「坂上どうぶつ王国」の平均視聴率を集計しています。
※上記は、不定期特別番組、スペシャルのみを集計しています。
※2018年11月16日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 19:00|PermalinkComments(0)視聴率その他 

「【宝塚歌劇団】雪組歴代トップスター」

『【宝塚歌劇団】雪組歴代トップスター』



【歴代雪組男役トップスター】
初代 雲野富士子
2代目 桂よし子
3代目 若菜君子
4代目 初音麗子
5代目 春日野八千代
6代目 出雲国子
7代目 畷克美
8代目 明石照子
9代目 真帆志ぶき
10代目 郷ちぐさ
11代目 汀夏子
12代目 麻実れい
13代目 平みち
14代目 杜けあき
15代目 一路真輝
16代目 高嶺ふぶき
17代目 轟悠
18代目 絵麻緒ゆう
19代目 朝海ひかる
20代目 水夏希
21代目 音月桂


【歴代雪組娘役トップスター】
初代 御垣悦子
2代目 紅千鶴
3代目 花村由利子
4代目 深緑夏代
5代目 乙羽信子
6代目 新珠三千代
7代目 浜木綿子
8代目 加茂さくら
9代目 大原ますみ
10代目 摩耶明美
11代目 高宮沙千
12代目 東千晃
13代目 遥くらら
14代目 神奈美帆
15代目 鮎ゆうき
16代目 紫とも
17代目 花總まり
18代目 月影瞳
19代目 紺野まひる
20代目 舞風りら
21代目 白羽ゆり
22代目 愛原美花
23代目 舞羽美海



【歴代雪組 組長】
初代 若菜君子
2代目 桂よし子
3代目 秋月さえ子
4代目 初音麗子
5代目 春日野八千代
6代目 天城月江
7代目 東郷晴子
8代目 登代春枝
9代目 美吉佐久子
10代目 大路三千緒
11代目 睦千賀
12代目 曽我桂子
13代目 銀あけみ
14代目 真咲佳子
15代目 京三紗
16代目 箙かおる
17代目 飛鳥裕


【歴代雪組 副組長】
初代 春日野八千代
2代目 天城月江
3代目 壬生櫻子
4代目 緋櫻耀子
5代目 水原節子
6代目 淡路通子
7代目 三鷹恵子
8代目 木花咲耶
9代目 葉山三千子
10代目 曽我桂子
11代目 岸香織
12代目 尚すみれ
13代目 真咲佳子
14代目 沙羅けい
15代目 飛鳥裕
16代目 灯奈美
17代目 未来優希
18代目 麻樹ゆめみ

※上記は、宝塚歌劇団雪組の男役トップスター、娘役トップスター、組長、副組長を集計しています。
※上記は、手計算のため誤りがある場合があります。
※2017年10月26日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 18:00|PermalinkComments(1)宝塚歌劇団 

「乃木坂46 シングルCD売上枚数」

『乃木坂46 シングルCD売上枚数』



【2012年】
「ぐるぐるカーテン」:21万4373枚
「おいでシャンプー」:22万5383枚
「走れ!Bicycle」:24万5069枚
「制服のマネキン」:31万3310枚

【2013年】
「君の名は希望」:31万9421枚
「ガールズルール」:45万9658枚
「バレッタ」:51万6654枚

【2014年】
「気づいたら片想い」:54万6832枚
「夏のFree&Easy」:52万6564枚
「何度目の青空か?」:61万9803枚

【2015年】
「命は美しい」:62万2248枚
「太陽ノック」:67万9700枚
「今、話したい誰かがいる」:74万1243枚

【2016年】
「ハルジオンが咲く頃」:83万3322枚
「裸足でSummer」:86万3653枚
「サヨナラの意味」:97万4458枚

【2017年】
「インフルエンサー」:103万5209枚
「逃げ水」:106万0120枚
「いつかできるから今日できる」:110万0023枚

【2018年】
「シンクロニシティ」:129万5292枚
「ジコチューで行こう!」:126万2227枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのシングルも状況によって集計しています。


「乃木坂46」シングルCD総売上枚数
1445万4562枚

年間シングルCD総売上枚数
2012年:99万8135枚
2013年:129万5733枚
2014年:169万3199枚
2015年:204万3191枚
2016年:267万1433枚
2017年:319万5352枚
2018年:255万7519枚

※上記は、対象年に発売されたCDの売上合計です。
※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのシングルも状況によって集計しています。


シングル売上枚数ランキング
1位 「シンクロニシティ」:129万5292枚
2位 「ジコチューで行こう!」:126万2227枚
3位 「いつかできるから今日できる」:110万0023枚
4位 「逃げ水」:106万0120枚
5位 「インフルエンサー」:103万5209枚
6位 「サヨナラの意味」:97万4458枚
7位 「裸足でSummer」:86万3653枚
8位 「ハルジオンが咲く頃」:83万3322枚
9位 「今、話したい誰かがいる」:74万1243枚
10位 「太陽ノック」:67万9700枚
11位 「命は美しい」:62万2248枚
12位 「何度目の青空か?」:61万9803枚
13位 「気づいたら片想い」:54万6832枚
14位 「夏のFree&Easy」:52万6564枚
15位 「バレッタ」:51万6654枚
16位 「ガールズルール」:45万9658枚
17位 「君の名は希望」:31万9421枚
18位 「制服のマネキン」:31万3310枚
19位 「走れ!Bicycle」:24万5069枚
20位 「おいでシャンプー」:22万5383枚
21位 「ぐるぐるカーテン」:21万4373枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記のシングル売上枚数ランキングは、乃木坂46名義のシングルCDのみを集計しています。
※2018年11月16日付



今日もがんばります。
では、また次回



「宝塚歌劇団 美しすぎる宝塚出身女優ランキング」

『宝塚歌劇団 美しすぎる宝塚出身女優ランキング』



1位 天海祐希
2位 真矢ミキ
3位 黒木瞳
4位 壇れい
5位 遼河はるひ
6位 紺野まひる
7位 大地真央
8位 真琴つばさ
9位 紫吹淳
10位 はいだしょうこ
11位 朝丘雪路
12位 上月左知子
13位 涼風真世
14位 野々すみ花
15位 和央ようか

※発表:エントピ
※2018年2月25日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 17:00|PermalinkComments(0)宝塚歌劇団 

「【サッカー日本代表】歴代最年少出場・最年少得点ランキング」

『【サッカー日本代表】歴代最年少記録ランキング』



【最年少出場】
1位 市川大祐:17歳322日
2位 小野伸二:18歳186日
3位 古田篤良:18歳290日
4位 山田直輝:18歳327日
5位 米本拓司:19歳034日
6位 風間八広:19歳067日
7位 香川真司:19歳068日
8位 竹腰重丸:19歳094日
9位 金田喜稔:19歳119日
9位 永井良和:19歳119日

※上記は、サッカー日本代表選手の最年少出場記録です。
※上記は、日本サッカー協会が認めた国際Aマッチのみを集計しています。
※上記は、左から名前・年齢となっています。


【最年少得点】
1位 金田喜稔:19歳119日
2位 永井良和:19歳169日
3位 香川真司:19歳206日
4位 木村武夫:19歳220日
5位 釜本邦茂:19歳323日
6位 武田修宏:19歳333日
7位 桑田隆幸:19歳336日
8位 原博実:20歳055日
9位 内田篤人:20歳087日
10位 高林敏夫:20歳089日

※上記は、サッカー日本代表選手の最年少得点記録です。
※上記は、日本サッカー協会が認めた国際Aマッチのみを集計しています。
※上記は、左から名前・年齢となっています。
※2018年11月16日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 16:30|PermalinkComments(0)サッカー 
カテゴリー一覧
最新コメント
LINE読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード