スポーツその他

2018年08月25日

「陸上男子100m競走 日本人選手歴代記録ランキング」

『陸上男子100m競走 日本人選手歴代記録ランキング』



1位 桐生祥秀:9秒98(2017年9月9日)
2位 伊東浩司:10秒00(1998年12月13日)
2位 山縣亮太:10秒00(2017年9月24日)
4位 朝原宣治:10秒02(2001年7月13日)
5位 末續慎吾:10秒03(2003年5月5日)
6位 サニブラウン・ハキーム:10秒05(2017年6月24日)
7位 江里口匡史:10秒07(2009年6月28日)
8位 飯塚翔太:10秒08(2017年6月4日)
8位 多田修平:10秒08(2017年6月10日)
8位 ケンブリッジ飛鳥:10秒08(2017年6月23日)

※上記は、全て公式記録です。
※上記は、日本国籍を持つ選手のみを集計しています。
※上記の()内は、タイムを記録した日付です。
※上記は、2018年8月25日時点での記録です。
※2018年8月25日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 20:30|PermalinkComments(2)

2018年02月26日

「【平昌五輪】日本選手報奨金ランキング」

『【平昌五輪】日本選手報奨金ランキング』



1位 高木菜那(スピードスケート):2000万円
2位 高木美帆(スピードスケート):1600万円
3位 小平奈緒(スピードスケート):1400万円
4位 羽生結弦(フィギュアスケート):1000万円
4位 佐藤綾乃(スピードスケート):1000万円
4位 菊池彩花(スピードスケート):1000万円

※上記は、日本選手へのJOCや競技団体の報奨金を集計していますです。
※2018年2月26日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 06:00|PermalinkComments(0)

2018年02月25日

「【冬季五輪】日本メダル獲得数ランキング」

『【冬季五輪】日本メダル獲得数ランキング』



1位 平昌五輪(2018年):13個(金4個:銀5個:銅4個)
2位 長野五輪(1998年):10個(金5個:銀1個:銅4個)
3位 ソチ五輪(2014年):8個(金1個:銀4個:銅3個)
4位 アルベールビル五輪(1992年):7個(金1個:銀2個:銅4個)
5位 リレハンメル五輪(1994年):5個(金1個:銀2個:銅2個)
5位 バンクーバー五輪(2010年):5個(金0個:銀3個:銅2個)

※上記は、日本選手のメダル獲得数を集計していますです。
※2018年2月25日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 02:30|PermalinkComments(0)

2018年02月24日

「【平昌五輪】日本メダル・入賞一覧」

『【平昌五輪】日本メダル・入賞一覧』



【平昌五輪メダル総数】
金メダル:4個
銀メダル:5個
銅メダル:4個
入賞者数:21人


【2月9日】
開会式

【2月10日】
○高木美帆(スピードスケート 女子3000m):5位入賞
○小林陵侑(ノルディックスキー・ジャンプ男子 ノーマルヒル個人):7位入賞
○佐藤綾乃(スピードスケート 女子3000m):8位入賞

【2月11日】
入賞者なし

【2月12日】
○高木美帆(スピードスケート 女子1500m):銀メダル
○高梨沙羅(スキージャンプ 女子ノーマルヒル個人):銅メダル
○原大智(フリースタイルスキー 男子モーグル):銅メダル
○小平奈緒(スピードスケート 女子1500m):6位入賞
○フィギュアスケート団体:5位

【2月13日】
○小田卓朗(スピードスケート 男子1500m):5位入賞
○松本遥奈(スノーボード 女子ハーフパイプ):6位入賞
○冨田せな(スノーボード 女子ハーフパイプ):8位入賞

【2月14日】
○平野歩夢(スノーボード 男子ハーフパイプ):銀メダル
○渡部暁斗(ノルディックスキー複合 個人ノーマルヒル):銀メダル
○小平奈緒(スピードスケート 女子1000m):銀メダル
○高木美帆(スピードスケート 女子1000m):銅メダル
○片山来夢(スノーボード 男子ハーフパイプ):7位入賞

【2月15日】
入賞者なし

【2月16日】
入賞者なし

【2月17日】
○羽生結弦(フィギュアスケート 男子シングル):金メダル
○宇野昌磨(フィギュアスケート 男子シングル):銀メダル
○坂爪亮介(スケートショートトラック 男子1000m):5位入賞

【2月18日】
○小平奈緒(スピードスケート 女子500m):金メダル
○郷亜里砂(スピードスケート 女子500m):8位入賞

【2月19日】
○山中大地(スピードスケート 男子500m):5位入賞
○加藤条治(スピードスケート 男子500m):6位入賞
○スキージャンプ 男子ラージヒル団体:6位

【2月20日】
○小野塚彩那(フリースタイルスキー 女子ハーフパイプ):5位入賞
○渡部暁斗(ノルディックスキー複合 個人ラージヒル):5位入賞
○アイスホッケー女子:6位
○ショートトラック女子:6位

【2月21日】
○スピードスケート 女子パシュート:金メダル
○カーリング男子:8位

【2月22日】
○岩渕麗楽(スノーボード 女子ビッグエア):4位入賞
○藤森由香(スノーボード 女子ビッグエア):7位入賞
○鬼塚雅(スノーボード 女子ビッグエア):8位入賞
○坂爪亮介(ショートトラック 男子500m):8位入賞
○ノルディック複合団体:4位
○スケートショートトラック 男子5000mリレー:7位

【2月23日】
○宮原知子(フィギュアスケート 女子):4位入賞
○坂本花織(フィギュアスケート 女子):6位入賞

【2月24日】
○高木菜那(スピードスケート 女子マススタート):金メダル
○カーリング女子:銅メダル
○竹内智香(スノーボード 女子パラレル大回転):5位入賞

【2月25日】
閉会式

※上記は、日本選手の入賞(8位)以上の選手のデータです。
※2018年2月24日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 22:00|PermalinkComments(0)

2018年02月03日

「2017年スポーツ選手長者番付ランキング」

『2017年スポーツ選手長者番付ランキング』



1位 クリスティアーノ・ロナウド(サッカー):9300万ドル
2位 レブロン・ジェームズ(バスケットボール):8620万ドル
3位 リオネル・メッシ(サッカー):8000万ドル
4位 ロジャー・フェデラー(テニス):6400万ドル
5位 ケビン・デュラント(バスケットボール):6060万ドル
6位 アンドリュー・ラック(アメリカンフットボール):5000万ドル
7位 ローリー・マキロイ(ゴルフ):5000万ドル
8位 ステフィン・カリー(バスケットボール):4730万ドル
9位 ジェームズ・ハーデン(バスケットボール):4660万ドル
10位 ルイス・ハミルトン(モータースポーツ):4600万ドル
11位 ドリュー・ブリーズ(アメリカンフットボール):4530万ドル
12位 フィル・ミケルソン(ゴルフ):4350万ドル
13位 ラッセル・ウェストブルック(バスケットボール):3860万ドル
14位 セバスチャン・ベッテル(モータースポーツ):3850万ドル
15位 デイミアン・リラード(バスケットボール):3840万ドル
16位 ノバク・ジョコビッチ(テニス):3760万ドル
17位 タイガー・ウッズ(ゴルフ):3710万ドル
18位 ネイマール(サッカー):3700万ドル
19位 ドウェイン・ウェイド(バスケットボール):3620万ドル
20位 フェルナンド・アロンソ(モータースポーツ):3600万ドル

※発表:経済誌「フォーブス」
※2017年6月付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 02:30|PermalinkComments(0)

「世界スポーツチーム資産価値ランキング」

『世界スポーツチーム資産価値ランキング』



1位 ダラス・カウボーイズ(NFL):42億0000万ドル
2位 ニューヨーク・ヤンキース(MLB):37億0000万ドル
3位 マンチェスター・ユナイテッドFC(プレミアリーグ):36億9000万ドル
4位 FCバルセロナ(リーガ・スパニョーラ):36億4000万ドル
5位 レアル・マドリード(リーガ・エスパニョーラ):35億8000万ドル
6位 ニューイングランド・ペイトリオッツ(NFL):34億0000万ドル
7位 ニューヨーク・ニックス(NBA):33億0000万ドル
8位 ニューヨーク・ジャイアンツ(NFL):31億0000万ドル
9位 サンフランシスコ・フォーティナイナーズ(NFL):30億0000万ドル
9位 ロサンゼルス・レイカーズ(NBA):30億0000万ドル
11位 ワシントン・レッドスキンズ(NFL):29億5000万ドル
12位 ロサンゼルス・ラムズ(NFL):29億0000万ドル
13位 ニューヨーク・ジェッツ(NFL):27億5000万ドル
13位 ロサンゼルス・ドジャース(MLB):27億5000万ドル
15位 バイエルン・ミュンヘン(ブンデスリーガ):27億1000万ドル
16位 シカゴ・ベアーズ(NFL):27億0000万ドル
16位 ボストン・レッドソックス(MLB):27億0000万ドル
18位 シカゴ・カブス(MLB):26億8000万ドル
19位 サンフランシスコ・ジャイアンツ(MLB):26億5000万ドル
20位 ヒューストン・テキサンズ(NFL):26億0000万ドル
20位 ゴールデンステート・ウォリアーズ(NBA):26億0000万ドル

※発表:経済誌「フォーブス」
※2017年7月付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 02:00|PermalinkComments(0)

2018年01月08日

「【全日本バレーボール高等学校選手権大会】歴代大会成績」

『【全日本バレーボール高等学校選手権大会】歴代大会成績』



【男子】
【第63回大会】
開催年:2011年
優勝:東亜学園(東京)
準優勝:鎮西(熊本)
ベスト4:東洋(東京)
ベスト4:大村工(長崎)

【第64回大会】
開催年:2012年
優勝:大村工(長崎)
準優勝:創造学園(長野)
ベスト4:東亜学園(東京)
ベスト4:鹿児島商(鹿児島)

【第65回大会】
開催年:2013年
優勝:星城(愛知)
準優勝:大塚(大阪)
ベスト4:大村工(長崎)
ベスト4:鹿児島商(鹿児島)

【第66回大会】
開催年:2014年
優勝:星城(愛知)
準優勝:鹿児島商(鹿児島)
ベスト4:東福岡(福岡)
ベスト4:雄物川(秋田)

【第67回大会】
開催年:2015年
優勝:東福岡(福岡)
準優勝:大村工(長崎)
ベスト4:大塚(大阪)
ベスト4:愛工大名電(愛知)

【第68回大会】
開催年:2016年
優勝:東福岡(福岡)
準優勝:鎮西(熊本)
ベスト4:駿台学園(東京)
ベスト4:創造学園(長野)

【第69回大会】
開催年:2017年
優勝:駿台学園(東京)
準優勝:東亜学園(東京)
ベスト4:習志野(千葉)
ベスト4:高川学園(山口)

【第70回大会】
開催年:2018年
優勝:鎮西(熊本)
準優勝:洛南(京都)
ベスト4:東亜学園(東京)
ベスト4:高川学園(山口)



【女子】
【第63回大会】
開催年:2011年
優勝:東九州龍谷(大分)
準優勝:古川学園(宮城)
ベスト4:共栄学園(東京)
ベスト4:鹿児島女子(鹿児島)

【第64回大会】
開催年:2012年
優勝:東九州龍谷(大分)
準優勝:氷上(兵庫)
ベスト4:下北沢成徳(東京)
ベスト4:大阪国際滝井(大阪)

【第65回大会】
開催年:2013年
優勝:下北沢成徳(東京)
準優勝:誠英(山口)
ベスト4:熊本信愛女学院(熊本)
ベスト4:柏井(千葉)

【第66回大会】
開催年:2014年
優勝:九州文化学園(長崎)
準優勝:東九州龍谷(大分)
ベスト4:共栄学園(東京)
ベスト4:東京都市大塩尻(長野)

【第67回大会】
開催年:2015年
優勝:金蘭会(大阪)
準優勝:大阪国際滝井(大阪)
ベスト4:東九州龍谷(大分)
ベスト4:柏井(千葉)

【第68回大会】
開催年:2016年
優勝:下北沢成徳(東京)
準優勝:八王子実践(東京)
ベスト4:金蘭会(大阪)
ベスト4:文京学院大女子(東京)

【第69回大会】
開催年:2017年
優勝:下北沢成徳(東京)
準優勝:就実(岡山)
ベスト4:鹿児島女子(鹿児島)
ベスト4:金蘭会(大阪)

【第70回大会】
開催年:2018年
優勝:金蘭会(大阪)
準優勝:東九州龍谷(大分)
ベスト4:下北沢成徳(東京)
ベスト4:誠英(山口)

※上記は、全日本バレーボール高等学校選手権大会の歴代大会成績を集計しています。
※上記は、第70回大会までの成績を集計しています。
※2018年1月7日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 16:00|PermalinkComments(0)

2017年12月30日

「【日本ボクシング】歴代観客動員数ランキング」

『【日本ボクシング】歴代観客動員数ランキング』



1位 マイク・タイソンvsジェームス・ダグラス:5万1600人(1990年2月11日)
2位 マイク・タイソンvsトニー・タッブス:5万1000人(1988年3月21日)
3位 ダド・マリノvs白井義男:4万5000人(1952年5月19日)
4位 白井義男vsダニー・カンポ:3万8000人(1953年5月18日)
5位 白井義男vsテリー・アレン:3万5000人(1953年10月27日)
6位 白井義男vsレオ・エスピノサ:3万0000人(1954年5月24日)
7位 ウィラポン・ナコンルアンプロモーションvs辰吉丈一郎:2万7000人(1999年8月29日)
8位 白井義男vsダド・マリノ:2万5000人(1952年11月15日)
9位 パスカル・ペレスvs矢尾板貞雄:2万2000人(1959年11月5日)
10位 内藤大助vs亀田興毅:2万1000人(2009年11月29日)
11位 白井義男vsパスカル・ペレス:2万0000人(1954年11月26日)
11位 デビー・ムーアvs高山一夫:2万0000人(1960年8月29日)
11位 畑山隆則vsジュリアン・ロルシー:2万0000人(2001年7月1日)
14位 ジョー・ベセラvs米倉健志:1万7000人(1960年5月23日)
14位 ダニエル・サラゴサvs辰吉丈一郎:1万7000人(1996年3月3日)
14位 辰吉丈一郎vsポーリー・アヤラ:1万7000人(1998年8月23日)
17位 アレクシス・アルゲリョvsロイヤル小林:1万6000人(1975年10月12日)
17位 畑山隆則vs坂本博之:1万6000人(2000年10月11日)

※上記は、全て観客動員数です。
※上記は、日本で行なわれたボクシングの試合のみを集計しています。
※2017年12月30日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 20:00|PermalinkComments(1)

2017年09月19日

「【グラチャンバレー】歴代大会成績」

『【グラチャンバレー】歴代大会成績』



第1回大会(1993年)
開催地:日本
【男子】
優勝:イタリア
準優勝:ブラジル
3位:キューバ
4位:日本
5位:アメリカ
6位:韓国

【女子】
優勝:キューバ
準優勝:中国
3位:ロシア
4位:日本
5位:アメリカ
6位:ペルー


第2回大会(1997年)
開催地:日本
【男子】
優勝:ブラジル
準優勝:オランダ
3位:キューバ
4位:中国
5位:日本
6位:オーストラリア

【女子】
優勝:ロシア
準優勝:キューバ
3位:ブラジル
4位:中国
5位:日本
6位:韓国


第3回大会(2001年)
開催地:日本
【男子】
優勝:キューバ
準優勝:ブラジル
3位:ユーゴスラビア
4位:韓国
5位:日本
6位:アルゼンチン

【女子】
優勝:中国
準優勝:ロシア
3位:日本
4位:ブラジル
5位:アメリカ
6位:韓国


第4回大会(2005年)
開催地:日本
【男子】
優勝:ブラジル
準優勝:アメリカ
3位:イタリア
4位:日本
5位:エジプト
6位:中国

【女子】
優勝:ブラジル
準優勝:アメリカ
3位:日本
4位:ポーランド
5位:日本
6位:韓国


第5回大会(2009年)
開催地:日本
【男子】
優勝:ブラジル
準優勝:キューバ
3位:日本
4位:ポーランド
5位:イラン
6位:エジプト

【女子】
優勝:イタリア
準優勝:ブラジル
3位:ドミニカ
4位:日本
5位:韓国
6位:タイ


第6回大会(2013年)
開催地:日本
【男子】
優勝:ブラジル
準優勝:ロシア
3位:イタリア
4位:イラン
5位:アメリカ
6位:日本

【女子】
優勝:ブラジル
準優勝:アメリカ
3位:日本
4位:ロシア
5位:タイ
6位:ドミニカ


第7回大会(2017年)
開催地:日本
【男子】
優勝:ブラジル
準優勝:イタリア
3位:イラン
4位:アメリカ
5位:フランス
6位:日本

【女子】
優勝:中国
準優勝:ブラジル
3位:アメリカ
4位:ロシア
5位:日本
6位:韓国

※上記は、バレーボール・ワールドグランド・チャンピオンカップの各大会成績を集計しています。
※上記は、第7回大会(2017年)までの成績を集計しています。
※2017年9月19日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 05:00|PermalinkComments(1)

2017年08月05日

「陸上女子100m競走 日本人選手歴代記録ランキング」

『陸上女子100m競走 日本人選手歴代記録ランキング』



1位 福島千里:11秒21(2010年4月29日)
2位 高橋萌木子:11秒32(2009年6月7日)
3位 二瓶秀子:11秒36(2001年7月14日)
4位 坂上香織:11秒39(2004年6月5日)
4位 小島初佳:11秒39(2004年6月5日)
6位 北風沙織:11秒42(2008年4月29日)
7位 市川華菜:11秒43(2011年4月29日)
7位 土井杏南:11秒43(2012年5月13日)
9位 渡辺真弓:11秒44(2011年7月15日)
10位 鈴木亜弓:11秒45(2004年6月4日)
10位 石田智子:11秒45(2004年6月5日)

※上記は、全て公式記録です。
※上記は、日本国籍を持つ選手のみを集計しています。
※上記の()内は、タイムを記録した日付です。
※上記は、2017年8月1日時点での記録です。
※2017年8月5日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 07:30|PermalinkComments(0)
カテゴリー一覧
最新記事一覧
最新コメント
LINE読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード