大相撲

2018年09月23日

「【大相撲】幕内連勝記録ランキング」

『【大相撲】幕内連勝記録ランキング』



1位 双葉山(横綱):69連勝
2位 白鵬(横綱):63連勝★
3位 千代の富士(横綱):53連勝
4位 大鵬(横綱):45連勝
5位 双葉山(横綱):36連勝
6位 朝青龍(横綱):35連勝
7位 羽黒山(横綱):32連勝
7位 北の湖(横綱):32連勝
7位 日馬富士(横綱):32連勝
10位 貴乃花(横綱):30連勝
11位 玉錦(横綱):27連勝
12位 初代若乃花(横綱):26連勝
13位 佐田の山(横綱):25連勝

※上記は、すべて幕内での連勝記録です。
※上記は、25連勝以上の力士を集計しています。
※上記は、それぞれの力士の最高記録を集計しています。
※上記の()内は最高位です。
※上記の★印は現役力士です。
※上記は2018年9月場所終了時点のデータです。
※2018年9月23日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 14:00|PermalinkComments(0)

「【大相撲】幕内勝利数ランキング」

『【大相撲】幕内勝利数ランキング』



1位 白鵬(横綱):1001勝★
2位 魁皇(大関):879勝
3位 千代の富士(横綱):807勝
4位 北の湖(横綱):804勝
5位 大鵬(横綱):746勝
6位 稀勢の里(横綱):714勝★
7位 日馬富士(横綱):712勝
8位 武蔵丸(横綱):706勝
9位 貴乃花(横綱):701勝
10位 旭天鵬(関脇):697勝
11位 高見山(関脇):683勝
12位 安美錦(関脇):678勝★
13位 小錦(大関):649勝
14位 安芸之島(関脇):647勝
14位 貴ノ浪(大関):647勝
16位 琴奨菊(大関):642勝★
17位 寺尾(関脇):626勝
18位 輪島(横綱):620勝
19位 若の里(関脇):613勝
20位 琴ノ若(関脇):608勝
21位 柏戸(横綱):599勝
21位 雅山(大関):599勝
23位 千代大海(大関):597勝
24位 朝青龍(横綱):596勝
25位 北の富士(横綱):592勝
26位 鶴竜(横綱):589勝★
27位 麒麟児(関脇):580勝
28位 貴ノ花(大関):578勝
29位 土佐ノ海(関脇):569勝
30位 曙(横綱):566勝
31位 栃乃洋(関脇):556勝
32位 琴櫻(横綱):553勝
33位 鶴ヶ嶺(関脇):550勝
34位 初代若乃花(横綱):546勝
34位 出島(大関):546勝
36位 三重ノ海(横綱):543勝
37位 出羽錦(関脇):542勝
38位 巨砲(関脇):533勝
39位 朝潮(大関):531勝
39位 豪栄道(大関):531勝★
41位 水戸泉(関脇):530勝
42位 栃乃和歌(関脇):525勝
43位 長谷川(関脇):523勝
44位 武双山(大関):520勝
45位 霧島(大関):518勝
46位 栃錦(横綱):513勝
46位 北天佑(大関):513勝
48位 2代目若乃花(横綱):512勝
49位 黒姫山(関脇):510勝
50位 清國(大関):506勝
50位 琴錦(関脇):506勝
52位 貴闘力(関脇):505勝
53位 富士櫻(関脇):502勝

※上記は、すべて幕内での勝利数です。
※上記は、500勝以上の力士を集計しています。
※上記の()内は最高位です。
※上記の★印は現役力士です。
※上記は2018年9月場所終了時点のデータです。
※2018年9月23日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 13:00|PermalinkComments(1)

「【大相撲】通算勝利数ランキング」

『【大相撲】通算勝利数ランキング』



1位 白鵬(横綱):1095勝★
2位 魁皇(大関):1047勝
3位 千代の富士(横綱):1045勝
4位 大潮(小結):964勝
5位 北の湖(横綱):951勝
6位 旭天鵬(関脇):927勝
7位 若の里(関脇):914勝
8位 安美錦(関脇):882勝★
9位 大鵬(横綱):872勝
10位 寺尾(関脇):858勝
11位 日馬富士(横綱):827勝
12位 安芸之島(関脇):822勝
13位 高見山(関脇):812勝
14位 水戸泉(関脇):807勝
15位 稀勢の里(横綱):800勝★
16位 貴乃花(横綱):794勝
17位 青葉城(関脇):789勝
18位 富士桜(関脇):788勝
19位 北の富士(横綱):786勝
20位 琴ノ若(関脇):782勝
21位 武蔵丸(横綱):779勝
22位 貴ノ浪(大関):777勝
23位 麒麟児(関脇):773勝
24位 千代大海(大関):771勝
25位 蔵間(関脇):765勝
26位 霧島(大関):754勝
26位 貴闘力(関脇):754勝
28位 巨砲(関脇):753勝
29位 琴稲妻(小結):752勝
30位 琴奨菊(大関):751勝★
31位 大錦(小結):750勝
31位 魁輝(横綱):744勝
33位 大善(小結):739勝
34位 土佐ノ海(関脇):732勝
35位 鶴竜(横綱):731勝★
36位 小錦(大関):730勝
37位 貴ノ花(大関):726勝
38位 琴櫻(横綱):723勝
39位 隆三杉(小結):720勝
40位 柏戸(横綱):715勝
41位 北桜(前頭9):713勝
42位 大麒麟(大関):710勝
43位 北勝鬨(前頭3):708勝
44位 清国(大関):706勝
45位 玉龍(小結):700勝

※上記は、すべて通算勝利数です。
※上記は、700勝以上の力士を集計しています。
※上記の()内は最高位です。
※上記の★印は現役力士です。
※上記は2018年9月場所終了時点のデータです。
※2018年9月23日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 12:30|PermalinkComments(1)

「【大相撲】通算幕内優勝回数ランキング」

『【大相撲】通算幕内優勝回数ランキング』



1位 白鵬(横綱):41回★
2位 大鵬(横綱):32回
3位 千代の富士(横綱):31回
4位 朝青龍(横綱):25回
5位 北の湖(横綱):24回
6位 貴乃花(横綱):22回
7位 輪島(横綱):14回
8位 双葉山(横綱):12回
8位 武蔵丸(横綱):12回
10位 曙(横綱):11回
11位 常ノ花(横綱):10回
11位 栃錦(横綱):10回
11位 初代若乃花(横綱):10回
11位 北の富士(横綱):10回
15位 太刀山(横綱):9回
15位 栃木山(横綱):9回
15位 玉錦(横綱):9回
15位 日馬富士(横綱):9回
19位 北勝海(横綱):8回
20位 羽黒山(横綱):7回
21位 東富士(横綱):6回
21位 千代の山(横綱):6回
21位 佐田の山(横綱):6回
21位 玉の海(横綱):6回
25位 大錦(横綱):5回
25位 朝潮(横綱):5回
25位 柏戸(横綱):5回
25位 琴桜(横綱):5回
25位 3代目若乃花(横綱):5回
25位 魁皇(大関):5回
25位 鶴竜(横綱):5回★

※上記は、すべて幕内優勝回数です。
※上記は、幕内優勝5回以上の力士を集計しています。
※上記の()内は最高位です。
※上記の★印は現役力士です。
※上記は2018年9月場所終了時点のデータです。
※2018年9月23日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 12:00|PermalinkComments(1)

2018年02月11日

「【日本大相撲トーナメント】歴代大会成績」

『【日本大相撲トーナメント】歴代大会成績』



【第1回大会】
1977年
優勝 北の湖
準優勝 三重ノ海

【第2回大会】
1978年
優勝 玉ノ富
準優勝 北の湖

【第3回大会】
1979年
優勝 三重ノ海
準優勝 貴ノ花

【第4回大会】
1980年
優勝 栃赤城
準優勝 三重ノ海

【第5回大会】
1981年
優勝 初代若乃花
準優勝 隆の里

【第6回大会】
1982年
優勝 栃光
準優勝 初代若乃花

【第7回大会】
1983年
優勝 千代の富
準優勝 北天佑

【第8回大会】
1984年
優勝 北天佑
準優勝 千代の富

【第9回大会】
1985年
優勝 朝潮
準優勝 若嶋津

【第10回大会】
1986年
優勝 千代の富
準優勝 北天佑

【第11回大会】
1987年
優勝 千代の富
準優勝 北勝海

【第12回大会】
1988年
優勝 北勝海
準優勝 千代の富

【第13回大会】
1989年
優勝 千代の富
準優勝 大乃国

【第14回大会】
1990年
優勝 小錦
準優勝 霧島

【第15回大会】
1991年
優勝 曙
準優勝 霧島

【第16回大会】
1992年
優勝 琴錦
準優勝 霧島

【第17回大会】
1993年
優勝 武蔵丸
準優勝 水戸泉

【第18回大会】
1994年
優勝 曙
準優勝 若乃花

【第19回大会】
1995年
優勝 曙
準優勝 武蔵丸

【第20回大会】
1996年
優勝 貴乃花
準優勝 安芸乃島

【第21回大会】
1997年
優勝 貴乃花
準優勝 -

【第22回大会】
1998年
優勝 曙
準優勝 -

【第23回大会】
1999年
優勝 魁皇
準優勝 貴乃花

【第24回大会】
2000年
優勝 魁皇
準優勝 -

【第25回大会】
2001年
優勝 貴乃花
準優勝 武蔵丸

【第26回大会】
2002年
優勝 千代大海
準優勝 魁皇

【第27回大会】
2003年
優勝 武双山
準優勝 若の里

【第28回大会】
2004年
優勝 朝青龍
準優勝 若の里

【第29回大会】
2005年
優勝 白鵬
準優勝 朝青龍

【第30回大会】
2006年
優勝 朝青龍
準優勝 白鵬

【第31回大会】
2007年
優勝 朝青龍
準優勝 朝赤龍

【第32回大会】
2008年
優勝 朝青龍
準優勝 時天空

【第33回大会】
20089年
優勝 白鵬
準優勝 琴欧州

【第34回大会】
2010年
優勝 豪栄道
準優勝 琴欧州

【第35回大会】
2011年
開催中止

【第36回大会】
2012年
優勝 白鵬
準優勝 豪栄道

【第37回大会】
2013年
優勝 鶴竜
準優勝 豊ノ島

【第38回大会】
2014年
優勝 碧山
準優勝 琴欧州

【第39回大会】
2015年
優勝 白馬富士
準優勝 稀勢の里

【第40回大会】
2016年
優勝 白鵬
準優勝 白馬富士

【第41回大会】
2017年
優勝 稀勢の里
準優勝 貴ノ岩

【第42回大会】
2018年
優勝 栃ノ心
準優勝 玉鷲

※上記は、日本大相撲トーナメントの各大会成績を集計しています。
※2018年2月11日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年02月02日

「【日本相撲協会】歴代理事選挙開票結果」

『【日本相撲協会】歴代理事選挙開票結果』



【理事選挙:2010年】
日時:2010年2月2日
立候補者数:11人
当選者数:10人
(得票数)
○放駒親方:11票
○二所ノ関親方:11票
○武蔵川親方:11票
○北の湖親方:11票
○陸奥親方:10票
○鏡山親方:10票
○貴乃花親方:10票
○九重親方:10票
○友綱親方:10票
○出羽海親方:10票
○大島親方:8票(落選)


【理事選挙:2012年】
日時:2012年1月30日
立候補者数:12人
当選者数:10人
(得票数)
○尾車親方:13票
○楯山親方:12票
○貴乃花親方:11票
○春日山親方:11票
○北の湖親方:10票
○八角親方:10票
○鏡山親方:10票
○出羽海親方:10票
○千賀ノ浦親方:9票
○九重親方:7票
○友綱親方:6票(落選)
○伊勢ヶ浜親方:0票(落選)


【理事選挙:2014年】
日時:2014年1月31日
立候補者数:11人
当選者数:10人
(得票数)
○北の湖親方:-票
○貴乃花親方:-票
○千賀ノ浦親方:-票
○八角親方:-票
○尾車親方:-票
○伊勢ヶ浜親方:-票
○鏡山親方:-票
○出来山親方:-票
○松ヶ根親方:-票
○友綱親方:7票
○九重親方:5票(落選)


【理事選挙:2016年】
日時:2016年1月29日
立候補者数:11人
当選者数:10人
(得票数)
○伊勢ヶ浜親方:10票
○二所ノ関親方:10票
○山響親方:10票
○八角親方:9票
○貴乃花親方:9票
○鏡山親方:9票
○春日野親方:9票
○出羽海親方:9票
○境川親方:9票
○尾車親方:9票
○高島親方:6票(落選)


【理事選挙:2018年】
日時:2018年2月2日
立候補者数:11人
当選者数:10人
(得票数)
○高島親方:12票
○八角親方:11票
○鏡山親方:11票
○境川親方:11票
○尾車親方:10票
○芝田山親方:10票
○春日野親方:9票
○出羽海親方:9票
○山響親方:8票
○阿武松親方:8票
○貴乃花親方:2票(落選)

※上記は、日本相撲協会の歴代理事選挙を集計しています。
※上記は、2010年の日本相撲協会理事選挙から集計しています。
※2018年2月2日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 15:30|PermalinkComments(0)

2017年11月26日

「【大相撲】歴代年間最多勝」

『【大相撲】歴代年間最多勝』



1957年 栃錦:59勝16敗0休(1回)
1958年 初代若乃花:75勝14敗1分0休(1回)
1959年 栃錦:77勝13敗0休(2回)
1960年 大鵬:66勝24敗0休(1回)
1961年 大鵬:71勝19敗0休(2回)
1962年 大鵬:77勝13敗0休(3回)
1963年 大鵬:81勝9敗0休(4回)
1964年 大鵬:69勝11敗10休(5回)
1965年 佐田の山:74勝16敗0休(1回)
1966年 柏戸:71勝19敗0休(1回)
1967年 大鵬:70勝6敗14休(6回)
1967年 柏戸:70勝20敗0休(2回)
1968年 玉乃島:69勝21敗0休(1回)
1969年 北の富士:63勝27敗0休(1回)
1970年 北の富士:75勝15敗0休(2回)
1970年 玉の海:75勝15敗0休(1回)
1971年 北の富士:73勝17敗0休(3回)
1972年 輪島:63勝27敗0休(1回)
1973年 輪島:77勝12敗1休(2回)
1974年 北の湖:73勝17敗0休(1回)
1975年 北の湖:71勝19敗0休(2回)
1976年 輪島:77勝13敗0休(3回)
1977年 北の湖:80勝10敗0休(3回)
1978年 北の湖:82勝8敗0休(4回)
1979年 北の湖:77勝13敗0休(5回)
1980年 北の湖:77勝13敗0休(6回)
1981年 北の湖:69勝15敗6休(7回)
1982年 千代の富士:74勝16敗0休(1回)
1983年 隆の里:78勝12敗0休(1回)
1984年 若嶋津:71勝19敗0休(1回)
1985年 千代の富士:80勝10敗0休(2回)
1986年 千代の富士:68勝10敗12休(3回)
1987年 北勝海:74勝16敗0休(1回)
1988年 旭富士:73勝17敗0休(1回)
1989年 北勝海:72勝18敗0休(2回)
1990年 旭富士:70勝20敗0休(2回)
1991年 霧島:62勝28敗0休(1回)
1992年 貴花田:60勝30敗0休(1回)
1993年 曙:76勝14敗0休(1回)
1994年 貴乃花:80勝10敗0休(2回)
1995年 貴乃花:80勝10敗0休(3回)
1996年 貴乃花:70勝5敗15休(4回)
1997年 貴乃花:78勝12敗0休(5回)
1998年 3代目若乃花:67勝23敗0休(1回)
1999年 武蔵丸:70勝20敗0休(1回)
2000年 曙:76勝14敗0休(2回)
2001年 武蔵丸:73勝17敗0休(2回)
2002年 朝青龍:66勝24敗0休(1回)
2003年 朝青龍:67勝18敗5休(2回)
2004年 朝青龍:78勝12敗0休(3回)
3005年 朝青龍:84勝6敗0休(4回)
2006年 朝青龍:67勝11敗12休(5回)
2007年 白鵬:74勝16敗0休(1回)
2008年 白鵬:79勝11敗0休(2回)
2009年 白鵬:86勝4敗0休(3回)
2010年 白鵬:86勝4敗0休(4回)
2011年 白鵬:66勝9敗0休(5回)
2012年 白鵬:76勝14敗0休(6回)
2013年 白鵬:82勝8敗0休(7回)
2014年 白鵬:81勝9敗0休(8回)
2015年 白鵬:66勝12敗12休(9回)
2016年 稀勢の里:69勝21敗0休(1回)
2017年 白鵬:56勝9敗25休(10回)
2018年 -:-勝-敗-休(-回)

※上記の「2017年 年間最多勝中間ランキング」は、2017年の年間最多勝を獲得する可能性がある力士を集計しています。

※上記は、年間最多勝が始まった1957年からの記録です。
※1957年、2011年のみ年間5場所制です。
※上記は、左から年・勝利数・負け数・休数です。
※上記の()内は受賞回数です。
※上記の四股名は、当時のものです。
※上記の★印は現役力士です。
※上記は2017年11月場所終了時点のデータです。
※2017年11月26日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 17:30|PermalinkComments(5)
カテゴリー一覧
最新記事一覧
最新コメント
LINE読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード