坂口健太郎

2018年11月20日

「【フジテレビ:火曜9時ドラマ】歴代平均視聴率」

『【フジテレビ:火曜9時ドラマ】歴代平均視聴率』



【2016年】
「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」(吉田羊):8.13%

【2017年】
「嘘の戦争」(草なぎ剛):11.30%
「CRISIS 公安機動捜査隊捜査班」(小栗旬):10.58%
「僕たちがやりました」(窪田正孝):6.07%
「明日の約束」(井上真央):5.75%

【2018年】
「FINAL CUT」(亀梨和也):6.93%
「シグナル」(坂口健太郎):7.79%
「健康で文化的な最低限度の生活」(吉岡里帆):5.80%
「僕らは奇跡でできている」(高橋一生):未発表
「-」(稲垣吾郎):未発表

※上記は、フジテレビの火曜9時ドラマ枠を集計しています。
※上記は、全て平均視聴率です。
※上記の()内は主演俳優名・主演女優名です。
※視聴率は、関東地区でのデータです。
※2018年11月20日付


【2016年~2019年】
最高視聴率作品:「嘘の戦争」(草なぎ剛):11.30%
最低視聴率作品:「明日の約束」(井上真央):5.75%

※上記は、全て平均視聴率です。



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 21:30|PermalinkComments(0)

2018年11月07日

「【goo】イケメン芸能人ランキング」

『【goo】イケメン芸能人ランキング』



1位 GACKT
2位 HYDE
3位 小栗旬
4位 水嶋ヒロ
5位 菅田将暉
6位 城田優
7位 綾野剛
7位 三浦春馬
9位 坂口健太郎
10位 窪塚洋介
11位 中村獅童
12位 松山ケンイチ
13位 松田翔太
14位 市原隼人
15位 玉木宏
16位 瑛太
16位 藤原竜也
16位 三浦翔平
19位 山田孝之
20位 斎藤工

※発表:gooランキング
※2017年8月10日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 11:30|PermalinkComments(0)

2018年11月06日

「クリームシチュー系俳優ランキング」

『クリームシチュー系俳優ランキング』



1位 岩田剛典
2位 星野源
3位 坂口健太郎
4位 ディーン・フジオカ
5位 平岡祐太
6位 東出昌大

※発表:modelpress
※2018年3月13日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 16:00|PermalinkComments(0)

2018年11月03日

「田中圭 主演連続ドラマ視聴率」

『田中圭 主演連続ドラマ視聴率』



○フジテレビ作品

○TBS作品

○日本テレビ作品

○テレビ朝日作品
「おっさんずラブ」(テレビ朝日):4.0%

○テレビ東京作品
「ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~」(テレビ東京):未発表

○NHK作品

※上記は、2000年以降の連続ドラマで視聴率が発表された作品を集計しています。
※上記は、連続ドラマのみを集計しています。
※上記は、深夜ドラマも含んでいます。
※上記は、準主演作品も含んでいます。
※2018年11月3日付



【備考】
集計対象ドラマ数:1作品
未集計対象ドラマ数:1作品
最高平均視聴率作品:「おっさんずラブ」:4.0%
最低平均視聴率作品:「おっさんずラブ」:4.0%
平均視聴率30%以上:0作品
平均視聴率20%以上:0作品
平均視聴率15%以上:0作品
平均視聴率10%以上:0作品
平均視聴率10%以下:1作品



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 12:30|PermalinkComments(0)

「中川大志 主演連続ドラマ視聴率」

『中川大志 主演連続ドラマ視聴率』



○フジテレビ作品
「南くんの恋人~my little lover」(フジテレビ):未発表

○TBS作品
「監獄学園-プリズンスクール-」(TBS):1.77%

○日本テレビ作品

○テレビ朝日作品

○テレビ東京作品

○NHK作品

※上記は、2000年以降の連続ドラマで視聴率が発表された作品を集計しています。
※上記は、連続ドラマのみを集計しています。
※上記は、深夜ドラマも含んでいます。
※上記は、準主演作品も含んでいます。
※2018年11月3日付



【備考】
集計対象ドラマ数:1作品
未集計対象ドラマ数:1作品
最高平均視聴率作品:「監獄学園-プリズンスクール-」:1.77%
最低平均視聴率作品:「監獄学園-プリズンスクール-」:1.77%
平均視聴率30%以上:0作品
平均視聴率20%以上:0作品
平均視聴率15%以上:0作品
平均視聴率10%以上:0作品
平均視聴率10%以下:1作品



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 01:00|PermalinkComments(0)

2018年10月30日

「北村一輝 主演連続ドラマ視聴率」

『北村一輝 主演連続ドラマ視聴率』



○フジテレビ作品

○TBS作品
「ホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~」(TBS):7.9%

○日本テレビ作品

○テレビ朝日作品
「宿命 1969-2010」(テレビ朝日):6.9%

○テレビ東京作品

○NHK作品
「4号警備」(NHK):6.30%

※上記は、2000年以降の連続ドラマで視聴率が発表された作品を集計しています。
※上記は、連続ドラマのみを集計しています。
※上記は、深夜ドラマも含んでいます。
※上記は、準主演作品も含んでいます。
※2018年10月30日付



【備考】
集計対象ドラマ数:3作品
未集計対象ドラマ数:0作品
最高平均視聴率作品:「宿命 1969-2010」:6.9%
最低平均視聴率作品:「4号警備」:6.30%
平均視聴率30%以上:0作品
平均視聴率20%以上:0作品
平均視聴率15%以上:0作品
平均視聴率10%以上:0作品
平均視聴率10%以下:3作品



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 16:00|PermalinkComments(0)

2018年10月26日

「【さんまのまんま】歴代平均視聴率」

『【さんまのまんま】歴代平均視聴率』



【第1回】
2016年10月7日
視聴率:6.8%

【第2回】
2017年6月23日
視聴率:7.6%

【第3回】
2017年10月9日
視聴率:6.7%

【第4回】
2018年4月27日
視聴率:-%

【第5回】
2018年10月26日
視聴率:-%

※視聴率は、関東地区での視聴率です。
※上記は、全て平均視聴率です。
※上記は、フジテレビ「さんまのまんまSP」の平均視聴率を集計しています。
※上記は、2016年9月の「さんまのまんま」レギュラー放送終了後のスペシャル放送のみを集計対象としています。
※2018年10月26日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 20:00|PermalinkComments(1)

2018年10月18日

「Uru シングルCD売上枚数」

『Uru シングルCD売上枚数』



【2016年】
「星の中の君」:2216枚
「The last rain」:-枚

【2017年】
「フリージア」:7806枚
「しあわせの詩」:-枚
「奇蹟」:2007枚

【2018年】
「remember」:5178枚
「プロローグ」:-枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのシングルも状況によって集計しています。


「Uru」シングルCD総売上枚数
1万7207枚

年間シングルCD総売上枚数
2016年:2216枚
2017年:9813枚
2018年:5178枚

※上記は、対象年に発売されたCDの売上合計です。
※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのシングルも状況によって集計しています。


シングル売上枚数ランキング
1位 「フリージア」:7806枚
2位 「remember」:5178枚
3位 「星の中の君」:2216枚
4位 「奇蹟」:2007枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記のシングル売上枚数ランキングは、Uru名義のシングルCDのみを集計しています。
※2018年10月18日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 16:30|PermalinkComments(0)

2018年10月17日

「【goo】若手王子様キャラの有名人ランキング」

『【goo】若手王子様キャラの有名人ランキング』



1位 千葉雄大
2位 福士蒼汰
3位 神木隆之介
4位 三浦春馬
5位 岡田将生
6位 瀬戸康史
7位 竹内涼真
8位 松坂桃李
9位 坂口健太郎
10位 佐藤健

※発表:gooランキング
※2017年9月25日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 05:30|PermalinkComments(0)

2018年10月14日

「【goo】将来有望すぎるイケメン俳優ランキング」

『【goo】将来有望すぎるイケメン俳優ランキング』



1位 神木隆之介
2位 菅田将暉
3位 福士蒼汰
4位 山崎賢人
5位 坂口健太郎
6位 中川大志
7位 野村周平
8位 染谷将太
9位 濱田龍臣
10位 高杉真宙

※発表:gooランキング
※2017年4月24日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 14:30|PermalinkComments(0)

2018年10月09日

「吉岡里帆 主演連続ドラマ視聴率」

『吉岡里帆 主演連続ドラマ視聴率』



○フジテレビ作品
「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ):5.80%

○TBS作品
「きみが心に棲みついた」(TBS):7.74%

○日本テレビ作品

○テレビ朝日作品

○テレビ東京作品

○NHK作品

※上記は、2000年以降の連続ドラマで視聴率が発表された作品を集計しています。
※上記は、連続ドラマのみを集計しています。
※上記は、深夜ドラマも含んでいます。
※上記は、準主演・ヒロイン作品も含んでいます。
※2018年10月9日付



【備考】
集計対象ドラマ数:2作品
未集計対象ドラマ数:0作品
最高平均視聴率作品:「きみが心に棲みついた」:7.74%
最低平均視聴率作品:「健康で文化的な最低限度の生活」:5.80%
平均視聴率30%以上:0作品
平均視聴率20%以上:0作品
平均視聴率15%以上:0作品
平均視聴率10%以上:0作品
平均視聴率10%以下:2作品



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 08:30|PermalinkComments(0)

2018年10月08日

「若手イケメン俳優ランキング」

『若手イケメン俳優ランキング』



1位 福士蒼汰
2位 山崎賢人
3位 菅田将暉
4位 竹内涼真
5位 坂口健太郎

※発表:週刊女性PRIME
※2018年8月22日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 17:30|PermalinkComments(0)

2018年10月05日

「Uru アルバムCD売上枚数」

『Uru アルバムCD売上枚数』



【2017年】
「モノクローム」:6362枚

【2018年】
発売なし

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのアルバムも状況によって集計しています。


「Uru」アルバムCD総売上枚数
6362枚

年間アルバムCD総売上枚数
2017年:6362枚
2018年:-枚

※上記は、対象年に発売されたCDの売上合計です。
※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのアルバムも状況によって集計しています。


アルバム売上枚数ランキング
1位 「モノクローム」:6362枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記のアルバム売上枚数ランキングは、Uru名義のアルバムCDのみを集計しています。
※2018年10月5日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 16:30|PermalinkComments(0)

2018年09月04日

「星野源 シングルCD売上枚数」

『星野源 シングルCD売上枚数』



【2011年】
「くだらないの中に」:1万2603枚

【2012年】
「フィルム」:2万4947枚
「夢の外へ」:4万4806枚
「知らない」:3万9592枚

【2013年】
「ギャグ」:2万9950枚
「地獄でなぜ悪い」:3万7200枚

【2014年】
「Crazy Crazy/桜の森」:5万4651枚

【2015年】
「SUN」:8万9000枚

【2016年】
「恋」:30万5000枚

【2017年】
「Family Song」:23万2350枚

【2018年】
「ドラえもん」:14万4000枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのシングルも状況によって集計しています。


「星野源」シングルCD総売上枚数
101万4099枚

年間シングルCD総売上枚数
2011年:1万2603枚
2012年:10万9345枚
2013年:6万7150枚
2014年:5万4651枚
2015年:8万9000枚
2016年:30万5000枚
2017年:23万2350枚
2018年:14万4000枚

※上記は、対象年に発売されたCDの売上合計です。
※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのシングルも状況によって集計しています。


シングル売上枚数ランキング
1位 「恋」:30万5000枚
2位 「Family Song」:23万2350枚
3位 「ドラえもん」:14万4000枚
4位 「SUN」:8万9000枚
5位 「Crazy Crazy/桜の森」:5万4651枚
6位 「夢の外へ」:4万4806枚
7位 「知らない」:3万9592枚
8位 「地獄でなぜ悪い」:3万7200枚
9位 「ギャグ」:2万9950枚
10位 「フィルム」:2万4947枚
11位 「くだらないの中に」:1万2603枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記のシングル売上枚数ランキングは、星野源名義のシングルCDのみを集計しています。
※2018年9月4日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 19:30|PermalinkComments(0)

2018年07月11日

「UNICORN アルバムCD売上枚数」

『UNICORN アルバムCD売上枚数』



【1987年】
「BOOM」:2万3000枚

【1988年】
「PANIC ATTACK」:12万1000枚

【1989年】
「服部」:27万4000枚

【1990年】
「ケダモノの嵐」:36万6000枚
「おどる亀ヤプシ」:22万7000枚
「ハヴァナイスデー」:29万9000枚

【1991年】
「ヒゲとボイン」:30万9000枚

【1992年】
発売なし

【1993年】
「SPRINGMAN」:28万8000枚
「THE VERY BEST OF UNICORN」:80万4000枚
「UNICORN」:11万8000枚

【1994年】
「THE VERY RUST OF UNICORN」:24万4000枚

【1995年】
「ユニコーンのゴールデン・ハーフ・スペシャル」:7000枚

【1996年】
発売なし

【1997年】
発売なし

【1998年】
発売なし

【1999年】
「STAR BOX」:12万2000枚

【2000年】
発売なし

【2001年】
発売なし

【2002年】
「ULTRA SUPER GOLDEN WONDERFUL SPECIAL ABSOLUTE COMPLETE PERFECT SUPREME TERRIFIC ULTIMATE...」:7万3000枚

【2003年】
発売なし

【2004年】
発売なし

【2005年】
発売なし

【2006年】
発売なし

【2007年】
発売なし

【2008年】
発売なし

【2009年】
「シャンブル」:25万1000枚
「I LOVE UNICORN~FAN BEST~」:8万3000枚
「勤労ロードショー~LIVE IN JAPAN~」:3万9000枚

【2010年】
発売なし

【2011年】
「Z」:8万2000枚
「ZⅡ」:4万8000枚

【2012年】
「Quarter Century Single Best」:1万2000枚
「Quarter Century Live Best」:-枚
「UNICORN SME ERA-remasterd BOX」:8000枚

【2013年】
発売なし

【2014年】
「イーガジャケジョロ」:3万5956枚

【2015年】
発売なし

【2016年】
「ゅ 13-14」:2万5000枚

【2017年】
発売なし

【2018年】
発売なし

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのアルバムも状況によって集計しています。


「UNICORN」アルバムCD総売上枚数
385万8956枚

年間アルバムCD総売上枚数
1987年:2万3000枚
1988年:12万1000枚
1989年:27万4000枚
1990年:89万2000枚
1991年:30万9000枚
1992年:-枚
1993年:121万0000枚
1994年:24万4000枚
1995年:7000枚
1996年:-枚
1997年:-枚
1998年:-枚
1999年:12万2000枚
2000年:-枚
2001年:-枚
2002年:7万3000枚
2003年:-枚
2004年:-枚
2005年:-枚
2006年:-枚
2007年:-枚
2008年:-枚
2009年:37万3000枚
2010年:-枚
2011年:13万0000枚
2012年:2万0000枚
2013年:-枚
2014年:3万5956枚
2015年:-枚
2016年:2万5000枚
2017年:-枚
2018年:-枚

※上記は、対象年に発売されたCDの売上合計です。
※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのアルバムも状況によって集計しています。


アルバム売上枚数ランキング
1位 「THE VERY BEST OF UNICORN」:80万4000枚
2位 「ケダモノの嵐」:36万6000枚
3位 「ヒゲとボイン」:30万9000枚
4位 「ハヴァナイスデー」:29万9000枚
5位 「SPRINGMAN」:28万8000枚
6位 「服部」:27万4000枚
7位 「シャンブル」:25万1000枚
8位 「THE VERY RUST OF UNICORN」:24万4000枚
9位 「おどる亀ヤプシ」:22万7000枚
10位 「STAR BOX」:12万2000枚
11位 「PANIC ATTACK」:12万1000枚
12位 「UNICORN」:11万8000枚
13位 「I LOVE UNICORN~FAN BEST~」:8万3000枚
14位 「Z」:8万2000枚
15位 「ULTRA SUPER GOLDEN WONDERFUL SPECIAL ABSOLUTE COMPLETE PERFECT SUPREME TERRIFIC ULTIMATE...」:7万3000枚
16位 「ZⅡ」:4万8000枚
17位 「勤労ロードショー~LIVE IN JAPAN~」:3万9000枚
18位 「イーガジャケジョロ」:3万5956枚
19位 「ゅ 13-14」:2万5000枚
20位 「BOOM」:2万3000枚
21位 「Quarter Century Single Best」:1万2000枚
22位 「UNICORN SME ERA-remasterd BOX」:8000枚
23位 「ユニコーンのゴールデン・ハーフ・スペシャル」:7000枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記のアルバム売上枚数ランキングは、UNICORN名義のアルバムCDのみを集計しています。
※2018年7月11日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 01:30|PermalinkComments(0)

「UNICORN シングルCD売上枚数」

『UNICORN シングルCD売上枚数』



【1989年】
「大迷惑」:11万9000枚
「デーゲーム」:5万1000枚

【1990年】
「働く男」:27万0000枚
「命果てるまで」:6万8000枚

【1991年】
「スターな男」:10万3000枚
「ブルース」:13万5000枚
「ヒゲとボイン」:5万7000枚

【1992年】
「雪が降る町」:25万8000枚

【1993年】
「すばらしい日々」:19万4000枚

【1994年】
発売なし

【1995年】
発売なし

【1996年】
発売なし

【1997年】
発売なし

【1998年】
発売なし

【1999年】
発売なし

【2000年】
発売なし

【2001年】
発売なし

【2002年】
発売なし

【2003年】
発売なし

【2004年】
発売なし

【2005年】
発売なし

【2006年】
発売なし

【2007年】
発売なし

【2008年】
発売なし

【2009年】
「WAO!」:7万5000枚
「半世紀少年」:3万7000枚

【2010年】
「裸の太陽」:3万2000枚

【2011年】
「デジタルスープ/ぶたぶた」:2万4000枚

【2012年】
「Feel So Moon」:2万8000枚

【2013年】
発売なし

【2014年】
発売なし

【2015年】
発売なし

【2016年】
「エコー」:2500枚

【2017年】
発売なし

【2018年】
「OH!MY RADIO」:9965枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのシングルも状況によって集計しています。


「UNICORN」シングルCD総売上枚数
146万3465枚

年間シングルCD総売上枚数
1989年:17万0000枚
1990年:33万8000枚
1991年:29万5000枚
1992年:25万8000枚
1993年:19万4000枚
1994年:-枚
1995年:-枚
1996年:-枚
1997年:-枚
1998年:-枚
1999年:-枚
2000年:-枚
2001年:-枚
2002年:-枚
2003年:-枚
2004年:-枚
2005年:-枚
2006年:-枚
2007年:-枚
2008年:-枚
2009年:11万2000枚
2010年:3万2000枚
2011年:2万4000枚
2012年:2万8000枚
2013年:-枚
2014年:-枚
2015年:-枚
2016年:2500枚
2017年:-枚
2018年:9965枚

※上記は、対象年に発売されたCDの売上合計です。
※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのシングルも状況によって集計しています。


シングル売上枚数ランキング
1位 「働く男」:27万0000枚
2位 「雪が降る町」:25万8000枚
3位 「すばらしい日々」:19万4000枚
4位 「ブルース」:13万5000枚
5位 「大迷惑」:11万9000枚
6位 「スターな男」:10万3000枚
7位 「WAO!」:7万5000枚
8位 「命果てるまで」:6万8000枚
9位 「ヒゲとボイン」:5万7000枚
10位 「デーゲーム」:5万1000枚
11位 「半世紀少年」:3万7000枚
12位 「裸の太陽」:3万2000枚
13位 「Feel So Moon」:2万8000枚
14位 「デジタルスープ/ぶたぶた」:2万4000枚
15位 「OH!MY RADIO」:9965枚
16位 「エコー」:2500枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記のシングル売上枚数ランキングは、UNICORN名義のシングルCDのみを集計しています。
※2018年7月11日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 00:30|PermalinkComments(0)

2018年07月04日

「坂口健太郎 主演連続ドラマ視聴率」

『坂口健太郎 主演連続ドラマ視聴率』



○フジテレビ作品
「シグナル 長期未解決事件捜査班」(フジテレビ):7.79%

○TBS作品

○日本テレビ作品

○テレビ朝日作品

○テレビ東京作品

○NHK作品

※上記は、2000年以降の連続ドラマで視聴率が発表された作品を集計しています。
※上記は、連続ドラマのみを集計しています。
※上記は、深夜ドラマも含んでいます。
※上記は、準主演作品も含んでいます。
※2018年7月4日付



【備考】
集計対象ドラマ数:1作品
未集計対象ドラマ数:0作品
最高平均視聴率作品:「シグナル 長期未解決事件捜査班」:7.79%
最低平均視聴率作品:「シグナル 長期未解決事件捜査班」:7.79%
平均視聴率30%以上:0作品
平均視聴率20%以上:0作品
平均視聴率15%以上:0作品
平均視聴率10%以上:0作品
平均視聴率10%以下:1作品



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 15:00|PermalinkComments(0)

2018年07月01日

「第74回連続ドラマクール別平均視聴率ランキング」

『第74回連続ドラマクール別平均視聴率ランキング』



集計期間:2018年4月~6月期

1位 「ブラックペアン」(TBS:二宮和也):14.29%
2位 「特捜9 第1期」(テレビ朝日:井ノ原快彦):14.0%
3位 「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日:波瑠):13.02%
4位 「警視庁・捜査一課長 第3期」(テレビ朝日:内藤剛志):12.79%
5位 「正義のセ」(日本テレビ:吉高由里子):9.77%
6位 「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ:長澤まさみ):8.88%
7位 「あなたには帰る家がある」(TBS:中谷美紀):8.46%
8位 「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS:杉咲花):8.30%
9位 「Miss デビル」(日本テレビ:菜々緒):8.24%
10位 「シグナル」(フジテレビ:坂口健太郎):7.79%
11位 「崖っぷちホテル!」(日本テレビ:岩田剛典):7.45%
12位 「家政夫のミタゾノ 第2期」(テレビ朝日:松岡昌宏):6.73%
13位 「モンテ・クリスト伯」(フジテレビ:ディーン・フジオカ):6.23%
14位 「おっさんずラブ」(テレビ朝日:田中圭):4.0%
15位 「ラブリラン」(日本テレビ:中村アン):3.03%

※上記は、全て平均視聴率です。
※視聴率は、関東地区での視聴率です。
※上記の()内は、左からテレビ局名、主演俳優名・主演女優名です。
※上記は、ゴールデンタイムに放送された連続ドラマを集計しています。
※上記は、3話以上放送された連続ドラマを対象としています。
※上記は、2クール連続や年間を通して放送されている連続ドラマは対象外としています。


テレビ局別首位獲得ランキング
1位 フジテレビ:32回
2位 TBS:23回
3位 テレビ朝日:10回
4位 日本テレビ:9回
5位 NHK:0回



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 04:45|PermalinkComments(0)

2018年06月28日

「2018年4月-6月期連続ドラマ視聴率一覧」

『2018年4月-6月期連続ドラマ視聴率一覧』



【フジテレビ系】
○「コンフィデンスマンJP」(主演:長澤まさみ、月曜21時~)
(成功ライン:平均視聴率10%)
第1話:9.4%
第2話:7.7%
第3話:9.1%
第4話:9.2%
第5話:9.3%
第6話:8.2%
第7話:8.9%
第8話:8.3%
第9話:9.5%
第10話:9.2%(最終回)

○「シグナル」(主演:坂口健太郎、火曜21時~)
(成功ライン:平均視聴率7%)
第1話:9.7%
第2話:8.4%
第3話:8.3%
第4話:7.9%
第5話:6.7%
第6話:5.7%
第7話:6.9%
第8話:6.9%
第9話:7.3%
第10話:9.2%(最終回)

○「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」(主演:ディーン・フジオカ、木曜22時~)
(成功ライン:平均視聴率7%)
第1話:5.1%
第2話:5.7%
第3話:7.1%
第4話:6.5%
第5話:5.3%
第6話:6.0%
第7話:5.9%
第8話:7.4%
第9話:6.8%(最終回)


【TBS系】
○「花のち晴れ~花男 Next Season~」(主演:杉咲花、火曜22時~)
(成功ライン:平均視聴率10%)
第1話:7.4%
第2話:7.9%
第3話:9.6%
第4話:9.0%
第5話:8.7%
第6話:8.3%
第7話:7.5%
第8話:9.6%
第9話:8.6%
第10話:5.2%
第11話:9.5%(最終回)

○「あなたには帰る家がある」(主演:中谷美紀、金曜22時~)
(成功ライン:平均視聴率8%)
第1話:9.3%
第2話:8.1%
第3話:9.1%
第4話:6.5%
第5話:8.0%
第6話:7.9%
第7話:9.0%
第8話:7.7%
第9話:8.2%
第10話:9.7%
第11話:9.3%(最終回)

○「ブラックペアン」(主演:二宮和也、日曜21時~)
(成功ライン:平均視聴率15%)
第1話:13.7%
第2話:12.4%
第3話:12.1%
第4話:13.1%
第5話:13.4%
第6話:13.0%
第7話:16.6%
第8話:16.2%
第9話:18.6%(最終回)


【日本テレビ系】
○「正義のセ」(主演:吉高由里子、水曜22時~)
(成功ライン:平均視聴率10%)
第1話:11.0%
第2話:9.9%
第3話:10.3%
第4話:9.4%
第5話:9.1%
第6話:10.5%
第7話:9.0%
第8話:9.4%
第9話:8.9%
第10話:10.0%(最終回)

○「ラブリラン」(中村アン、木曜23時59分~)
(成功ライン:平均視聴率4%)
第1話:3.9%
第2話:2.7%
第3話:2.5%
第4話:2.6%
第5話:3.0%
第6話:2.4%
第7話:3.6%
第8話:2.9%
第9話:3.4%
第10話:3.3%(最終回)

○「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(主演:菜々緒、土曜22時~)
(成功ライン:平均視聴率8%)
第1話:9.6%
第2話:8.1%
第3話:8.8%
第4話:6.8%
第5話:7.2%
第6話:9.3%
第7話:7.8%
第8話:7.6%
第9話:7.5%
第10話:9.3%(最終回)

○「崖っぷちホテル!」(主演:岩田剛典、日曜22時30分~)
(成功ライン:平均視聴率7%)
第1話:10.6%
第2話:6.1%
第3話:6.5%
第4話:7.0%
第5話:7.2%
第6話:7.1%
第7話:7.3%
第8話:7.8%
第9話:7.0%
第10話:7.9%(最終回)


【テレビ朝日系】
○「未解決の女 警視庁文書捜査官」(主演:波瑠、木曜21時~)
(成功ライン:平均視聴率10%)
第1話:14.7%
第2話:12.8%
第3話:11.6%
第4話:12.7%
第5話:11.5%
第6話:12.7%
第7話:13.4%
第8話:13.9%(最終回)

○「家政夫のミタゾノ 第2期」(主演:松岡昌宏、金曜23時15分~)
(成功ライン:平均視聴率6%)
第1話:7.2%
第2話:7.2%
第3話:5.1%
第4話:7.5%
第5話:6.3%
第6話:8.1%
第7話:6.7%
第8話:5.7%(最終回)

○「おっさんずラブ」(主演:田中圭、土曜23時05分~)
(成功ライン:平均視聴率3%)
第1話:2.9%
第2話:4.2%
第3話:3.8%
第4話:3.5%
第5話:3.9%
第6話:3.9%
第7話:5.7%(最終回)

○「特捜9 第1期」(主演:井ノ原快彦、水曜21時00分~)
(成功ライン:平均視聴率13%)
第1話:16.0%
第2話:15.4%
第3話:14.5%
第4話:13.8%
第5話:14.3%
第6話:13.2%
第7話:13.0%
第8話:11.1%
第9話:14.5%
第10話:14.0%(最終回)

○「警視庁・捜査一課長 第3期」(主演:内藤剛志、木曜20時00分~)
(成功ライン:平均視聴率10%)
第1話:12.7%
第2話:12.8%
第3話:12.6%
第4話:12.4%
第5話:14.2%
第6話:12.5%
第7話:13.1%
第8話:12.6%
第9話:11.9%
第10話:13.3%(最終回)


【NHK】
○「西郷どん」(主演:鈴木亮平、日曜20時~)
(成功ライン:平均視聴率13%)
第1話:15.4%
第2話:15.4%
第3話:14.2%
第4話:14.8%
第5話:15.5%
第6話:15.1%
第7話:14.3%
第8話:14.2%
第9話:14.8%
第10話:14.4%
第11話:14.6%
第12話:14.1%
第13話:13.0%
第14話:11.9%
第15話:13.4%
第16話:11.1%
第17話:12.0%
第18話:14.4%
第19話:13.7%
第20話:12.2%
第21話:12.0%
第22話:13.4%
第23話:13.4%
第24話:12.2%
第25話:-%

※上記は、2018年4月-6月期の主な連続ドラマについて集計しています。
※2018年6月28日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 05:00|PermalinkComments(2)

2018年05月25日

「星野源 アルバムCD売上枚数」

『星野源 アルバムCD売上枚数』



【2010年】
「ばかのうた」:1万5747枚

【2011年】
「エピソード」:3万5368枚

【2012年】
発売なし

【2013年】
「Stranger」:7万8816枚

【2014年】
発売なし

【2015年】
「YELLOW DANCER」:30万0000枚

【2016年】
発売なし

【2017年】
発売なし

【2018年】
発売なし

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのアルバムも状況によって集計しています。


「星野源」アルバムCD総売上枚数
42万9931枚

年間アルバムCD総売上枚数
2010年:1万5747枚
2011年:3万5368枚
2012年:-枚
2013年:7万8816枚
2014年:-枚
2015年:30万0000枚
2016年:-枚
2017年:-枚
2018年:-枚

※上記は、対象年に発売されたCDの売上合計です。
※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記は、限定ユニットや企画物などのアルバムも状況によって集計しています。


アルバム売上枚数ランキング
1位 「YELLOW DANCER」:30万0000枚
2位 「Stranger」:7万8816枚
3位 「エピソード」:3万5368枚
4位 「ばかのうた」:1万5747枚

※上記は、全て推定売上枚数です。
※上記は、手計算のため誤差がある場合があります。
※上記のアルバム売上枚数ランキングは、星野源名義のアルバムCDのみを集計しています。
※2018年5月25日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 01:30|PermalinkComments(0)

2018年04月27日

「高橋一生 主演映画興行収入」

『高橋一生 主演映画興行収入』



○東宝配給作品

○松竹配給作品

○東映配給作品

○その他の配給作品

○興行収入未発表作品
「MEATBALL MACHINE-ミートボールマシン-」(-):未発表
「blank13」(-):未発表
「九月の恋と出会うまで」(ワーナー):未発表

※上記は、2000年以降の作品で興行収入が発表された作品を集計しています。
※上記の数値は、日本での興行収入です。
※上記は、準主演・ヒロイン作品も含んでいます。
※2018年4月27日付



【備考】
集計対象作品数:0作品
未集計対象作品数:3作品
総興行収入:-億-万円
東宝配給作品の平均興行収入:-
松竹配給作品の平均興行収入:-
東映配給作品の平均興行収入:-
その他配給作品の平均興行収入:-



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 00:30|PermalinkComments(1)

2018年04月17日

「尾崎将也 脚本連続ドラマ視聴率」

『尾崎将也 脚本連続ドラマ視聴率』



○フジテレビ作品
「結婚できない男」(フジテレビ):16.9%
「鬼嫁日記 第1期」(フジテレビ):15.4%
「花村大介」(フジテレビ):14.4%
「白い春」(フジテレビ):12.6%
「鬼嫁日記 第2期」(フジテレビ):12.0%
「傷だらけのラブソング」(フジテレビ):9.7%
「まっすぐな男」(フジテレビ):9.2%
「ブラック・プレジデント」(フジテレビ):7.5%
「シグナル 長期未解決事件捜査班」(フジテレビ):未発表

○TBS作品

○日本テレビ作品

○テレビ朝日作品
「月下の棋士」(テレビ朝日):8.9%
「オトコの子育て」(テレビ朝日):8.6%
「ロト6で3億2千万円当てた男」(テレビ朝日):6.6%

○テレビ東京作品

○NHK作品
「梅ちゃん先生」(NHK):20.7%
「吉原裏同心」(NHK):8.4%
「ちゃんぽん食べたか」(NHK):3.53%

※上記は、2000年以降の連続ドラマで視聴率が発表された作品を集計しています。
※上記は、全話の脚本を担当した連続ドラマを集計しています。
※上記は、連続ドラマのみを集計しています。
※上記は、深夜ドラマも含んでいます。
※2018年4月17日付



【備考】
集計対象ドラマ数:14作品
未集計対象ドラマ数:1作品
最高平均視聴率作品:「梅ちゃん先生」:20.7%
最低平均視聴率作品:「ちゃんぽん食べたか」:3.53%
平均視聴率30%以上:0作品
平均視聴率20%以上:1作品
平均視聴率15%以上:2作品
平均視聴率10%以上:3作品
平均視聴率10%以下:8作品



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 21:00|PermalinkComments(0)

2018年04月04日

「2018年4月-6月期連続ドラマ考察」

『2018年4月-6月期連続ドラマ考察』



【フジテレビ系】
○「コンフィデンスマンJP」
放送時間:毎週月曜日21時00-21時54分
主演:長澤まさみ
ジャンル:詐欺師エンタメコメディ
【考察】
低空飛行が続いている月9枠ですが、今作「コンフィデンスマンJP」は完全オリジナルドラマです。
脚本は、映画「ALWAYS」シリーズや「探偵はBARにいる」シリーズ、ドラマでは「リーガル・ハイ」シリーズなど数々のヒット作品がある古沢良太さんです。
また、主演を長澤まさみさんが務めます。
長澤まさみさんにとって11年ぶりとなる月9主演となります。
古沢良太×コメディ×長澤まさみというヒットの条件はそろっているため、平均視聴率10%以上は記録したいところですね。
成功ライン:平均視聴率10%以上。

○「シグナル」
放送時間:毎週火曜日21時00-21時54分
主演:坂口健太郎
ジャンル:刑事ヒューマンサスペンス
【考察】
なかなか視聴率が上がらない火曜21時ドラマ枠ですが、今作「シグナル」は2016年に韓国で放送されたドラマのリメイク版です。
安定した視聴率が期待できる刑事ものドラマですが、韓国ドラマのリメイクという点がどう影響してくるでしょうか?
主演の坂口健太郎さんは注目の若手俳優ですが、初のドラマ主演ということで視聴率的に未知数な部分が多いです。
前作からの視聴率の流れもあり、平均視聴率7%以上で成功と言えるのではないでしょうか。
成功ライン:平均視聴率7%以上。

○「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」
放送時間:毎週木曜日22時00-22時54分
主演:ディーン・フジオカ
ジャンル:復讐劇
【考察】
フジテレビ木曜劇場枠は、前々作「刑事ゆがみ」が平均視聴率6.53%を記録し持ち直しつつありましたが、前作「隣の家族は青く見える」は少し下落気味でした。
ディーン・フジオカさんは、2017年「今からあなたを脅迫します」(平均視聴率6.1%)以来の連続ドラマ主演を務めます。
平均視聴率7%で成功と言えるのではないでしょうか。
成功ライン:平均視聴率7%以上。


【TBS系】
○「花のち晴れ~花男 Next Season~」
放送時間:毎週火曜日22時00-23時7分
主演:杉咲花
ジャンル:ラブコメディー
【考察】
原作は、神尾葉子さんの代表作「花より男子」の続編です。
2014年から放送が開始されたTBS火曜ドラマ枠の代表作になる可能性がある作品ですね。
同枠最大のヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(平均視聴率14.5%)にどこまで迫れるでしょうか?
今作から放送終了時間が22時54分から23時07分に繰り下げられ、放送枠が67分に拡大されます。
主演は、本作品が連続ドラマ初主演となる杉咲花さんです。
初主演ですので、どう転ぶかわからないですが、平均視聴率10%以上を期待したいですね。
成功ライン:平均視聴率10%以上。

○「あなたには帰る家がある」
放送時間:毎週火曜日22時00-22時54分
主演:中谷美紀
ジャンル:夫婦ドラマ
【考察】
TBS金曜ドラマ枠は、前々作「コウノドリ 第2期」と前作「アンナチュラル」が高視聴率を記録しているため、いい流れをどこまで受け継ぐことができるでしょうか?
主演の中谷美紀さんは、2016年「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」(平均視聴率9.0%)以来の民放連続ドラマ主演を務めます。
平均視聴率8%以上が成功の目安となりそうです。
成功ライン:平均視聴率8%以上。

○「ブラックペアン」
放送時間:毎週日曜日21時00-21時54分
主演:二宮和也
ジャンル:医療ドラマ
【考察】
TBSの看板ドラマ枠であるTBS日曜劇場枠は、前々作「陸王」、前作「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」と絶好調の勢いのまま「ブラックペアン」がスタートしそうですね。
原作は、「チーム・バチスタ」シリーズで有名な海堂尊さんの大ヒット作品「ブラックペン」シリーズです。
二宮和也さんは、2014年「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」(平均視聴率9.9)以来の連続ドラマ主演となります。
平均視聴率15%以上が成功の目安となりそうです。
成功ライン:平均視聴率15%以上。


【日本テレビ系】
○「正義のセ」
放送時間:毎週水曜日22時00-23時00分
主演:吉高由里子
ジャンル:検察ドラマ
【考察】
水曜ドラマ枠は前作「anone」の視聴率が苦戦気味でしたので、今作「正義のセ」で挽回したいところです。
原作は、阿川佐和子さんの「正義のセ」シリーズです。
吉高由里子さんは、昨年の「東京タラレバ娘」(平均視聴率11.4%)以来の連続ドラマ主演となります。
比較的安定した視聴率が見込める検事ものということで、平均視聴率10%が成功の目安になりそうです。
成功ライン:平均視聴率10%以上。

○「ラブリラン」
放送時間:毎週水曜日23時59-24時54分
主演:中村アン
ジャンル:恋愛ドラマ
【考察】
木曜ドラマF枠は、2013年から放送が開始された比較的新しい深夜ドラマです。
原作は、講談社「Kiss」に連載された天沢アキさんの漫画「ラブリラン」です。
平均視聴率4%が目安になりそうです。
成功ライン:平均視聴率4%以上。

○「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」
放送時間:毎週土曜日22時00-22時54分
主演:菜々緒
ジャンル:オフィス・エンタメドラマ
【考察】
日本テレビ土曜ドラマ枠は、前作「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」が次第点の平均視聴率を記録しているため今作「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」もいい流れでスタートできそうですね。
菜々緒さんは、2012年「主に泣いています」(平均視聴率5.3%)以来の連続ドラマ主演です。
平均視聴率8%以上が成功の目安になりそうです。
成功ライン:平均視聴率8%以上。

○「崖っぷちホテル!」
放送時間:毎週日曜日22時30-23時25分
主演:岩田剛典
ジャンル:シチュエーションコメディ
【考察】
日本テレビ日曜ドラマ枠は、2015年から放送開始した比較的新しいドラマ枠です。
しかし、22時30分放送開始という時間帯がネックとなり、未だヒット作が出ていない状況です。
岩田剛典さんは、初の連続ドラマ主演となります。
放送時間帯を考えて、平均視聴率7%以上が成功の目安となりそうです。
平均視聴率8%以上で日本テレビ日曜ドラマ枠の代表作となりそうです。
成功ライン:平均視聴率7%以上。


【テレビ朝日系】
○「未解決の女 警視庁文書捜査官」
放送時間:毎週木曜日21時00-21時54分
主演:波瑠
ジャンル:刑事ドラマ
【考察】
テレビ朝日木曜ドラマ枠はテレビ朝日の看板連続ドラマ枠です。
前々作「ドクターX 第5期」、前作「BG~身辺警護人~」といい流れを今作「未解決の女 警視庁文書捜査官」は受け継ぐことができるでしょうか?
原作は、麻見和史さんの「警視庁文書捜査官」です。
波瑠さんは、昨年の「あなたのことはそれほど」(平均視聴率11.2%)以来の連続ドラマ主演となります。
平均視聴率10%以上が成功の目安となりそうです。
成功ライン:平均視聴率10%以上。

○「家政夫のミタゾノ 第2期」
放送時間:毎週金曜日23時15-24時15分
主演:松岡昌宏
ジャンル:家政婦ドラマ
【考察】
テレビ朝日金曜ナイトドラマ枠は、深夜ドラマで高視聴率を連発している連続ドラマ枠です。
過去には、「特命係長 只野仁」シリーズや「信長のシェフ」(平均視聴率10.84%)などが放送されました。
今作は、松岡昌宏さん主演のヒットドラマ「家政夫のミタゾノ」の第2期です。
平均視聴率6%以上が成功の目安になりそうです。
成功ライン:平均視聴率6%以上。

○「おっさんずラブ」
放送時間:毎週土曜日23時15-23時59分
主演:田中圭
ジャンル:恋愛ドラマ
テレビ朝日土曜ナイトドラマ枠は一度廃止されましたが、前々作の「オトナ高校」(平均視聴率3.32%)から復活した連続ドラマ枠です。
平均視聴率3%以上が成功の目安になりそうです。
成功ライン:平均視聴率3%以上。

※上記は、2018年4月-6月期の主な連続ドラマについて集計しています。
※2018年4月4日付



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 02:30|PermalinkComments(0)

2018年03月29日

「河合勇人 監督映画興行収入」

『河合勇人 監督映画興行収入』



○東宝配給作品
「チア☆ダン」(東宝):13億0000万円
「俺物語!!」(東宝):9億0000万円

○松竹配給作品
「兄に愛されすぎて困ってます」(松竹):9億2600万円

○東映配給作品

○その他の配給作品

○興行収入未発表作品
「花影」(アステア):未発表
「ハチミツドロップス」(-):未発表
「映画 鈴木先生」(角川書店):未発表

※上記は、2000年以降の作品で興行収入が発表された作品を集計しています。
※上記の数値は、日本での興行収入です。
※上記は、すべて監督作品です。
※2018年3月29日付



【備考】
集計対象作品数:3作品
未集計対象作品数:3作品
総興行収入:31億2600万円
東宝配給作品の平均興行収入:11億0000万円
松竹配給作品の平均興行収入:9億2600万円
東映配給作品の平均興行収入:-
その他配給作品の平均興行収入:-



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 09:00|PermalinkComments(0)

「miwa 主演映画興行収入」

『miwa 主演映画興行収入』



○東宝配給作品

○松竹配給作品

○東映配給作品

○その他の配給作品
「君と100回目の恋」(アスミック・エース):5億0000万円

○興行収入未発表作品

※上記は、2000年以降の作品で興行収入が発表された作品を集計しています。
※上記の数値は、日本での興行収入です。
※上記は、準主演作品も含んでいます。
※2018年3月29日付



【備考】
集計対象作品数:1作品
未集計対象作品数:0作品
総興行収入:5億0000万円
東宝配給作品の平均興行収入:-
松竹配給作品の平均興行収入:-
東映配給作品の平均興行収入:-
その他配給作品の平均興行収入:5億0000万円



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 05:30|PermalinkComments(0)

2017年07月29日

「杏 主演映画興行収入」

『杏 主演映画興行収入』



○東宝配給作品

○松竹配給作品

○東映配給作品

○その他の配給作品
「オケ老人!」(ファントム・フィルム):3億0000万円

○興行収入未発表作品

※上記は、2000年以降の作品で興行収入が発表された作品を集計しています。
※上記の数値は、日本での興行収入です。
※上記は、準主演・ヒロイン作品も含んでいます。
※2017年6月29日付



【備考】
集計対象作品数:1作品
未集計対象作品数:0作品
総興行収入:3億0000万円
東宝配給作品の平均興行収入:-
松竹配給作品の平均興行収入:-
東映配給作品の平均興行収入:-
その他配給作品の平均興行収入:3億0000万円



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 05:00|PermalinkComments(0)

2017年07月06日

「小野不由美 原作映画興行収入」

『小野不由美 原作映画興行収入』



○東宝配給作品

○松竹配給作品
「残穢-住んではいけない部屋-」(松竹):5億2100万円

○東映配給作品

○その他の配給作品

○興行収入未発表作品

※上記は、2000年以降の作品で興行収入が発表された作品を集計しています。
※上記の数値は、日本での興行収入です。
※上記は、すべて原作作品です。
※2017年7月6日付



【備考】
集計対象作品数:1作品
未集計対象作品数:0作品
総興行収入:5億2100万円
東宝配給作品の平均興行収入:-
松竹配給作品の平均興行収入:5億2100万円
東映配給作品の平均興行収入:-
その他配給作品の平均興行収入:-



今日もがんばります。
では、また次回



minorsmaster at 02:00|PermalinkComments(0)
カテゴリー一覧
最新記事一覧
最新コメント
LINE読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード